450mmウエハースの生産設備配置が遅延するかもしれない。

450mmウエハースの生産設備配置が遅延するかもしれない。

450mmファブは2017年〜2018年に登場するだろう。

xbitlabs.com Deployment of 450mm Fabs Likely to Face Delays.450mm Fabs to Be Deployed in 2017 – 2018 [01/25/2011 10:56 PM] by Anton Shilov より。

以下要約。

  • 今から5年後に予定されていた450mm半導体ウエハースの生産設備の可動が10年近く先になるだろう。
  • IC InsightsのアナリストTrevor Yanceyによると、半導体産業は近年の経済状況に大きく影響を受け、450mm関連の投資を減速させ少なくとも2017年〜2018年にずれ込むだろうとのこと。
  • 「450mmの生産設備は確実にユニットあたりの製造コストを下げ、供給量を増やすことができるが、半導体製造設備を供給する企業はこれ以上大口径のウエハースは必要とされていないとしている。半導体製造設備企業は300mmウエハース製造設備への研究開発投資の収益率に納得できず、彼らは450mmウエハースの製造可能な設備開発への投資をためらっており、今後5年間は行うことはありえない。」とPiper JaffrayのアナリストGus RichardはEEtimesで語った。
  • 事実、今後5年間真剣に450mmウエハース製造設備への投資を行っている会社はIntelとSamsung Electronics、Taiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)のみである。 たった3社のために莫大な投資を行う会社があるだろうか。それに加えて450mmウエハース製造コストは高すぎて最高効率を要求するため経済性が悪い。Intelなどに450mmウエハースは製造コストが安いということに対する根拠を示すことは難しいだろう。
  • いくつかの工場では450mmウエハースの製造設備を開発段階で所有しているところがある。
  • これから半導体生産設備企業は450mmウエハース関連の研究を行うだろうが、設備企業は研究開発投資の伸びを止めるが、完全には止まらないだろうとVLSI ResearchのチーフエグゼクティブであるG. Dan Hutchesonは語った。

微細化技術に続きウエハース関連投資が縮小傾向というニュース。現在の状況では半導体の需要は伸びないとの判断?

広告

Globalfoundriesが60億ドル〜70億ドルもの3番目の「メガファブ」建設をアブダビに予定している。

xbitlabs.com Globalfoundries’ Parent Plans to Build Third “Mega Fab” for $6-$7 Billion in Abu Dhabi.Globalfoundries Next Mega Plant to Be in Abu Dhabi – ATIC
[09/15/2010 09:25 PM] by Anton Shilo
v より。

AMDがGlobalfoundriesの60億ドル〜70億ドルもの3番目の「メガファブ」建設をアブダビに予定している。

Globalfoudriesの次世代生産設備はアブダビに – アブダビ投資会社ATICより。

by Anton Shilov

2010年9月15日

アブダビ政府と共に半導体製造請負メーカ=Globalfoundries(以下Glofo)の経営をコントロールし投資しているAMD は、アブダビ内に60億ドル〜70億ドルを投資して半導体チップ製造工場を計画している。これだけの投資額はGlofoに属しているドイツのドレスデン工場とニューヨークのサラトガ工場の他の巨大な工場に並ぶ。

ATICはGlofoに最先端技術と最も先進的な製造設備を持つ世界で最も巨大な半導体製製造請負工場になって欲しいと願っている。目下のところGlofoは台湾のライバルであるTSMCとアメリカのMicroelectronicsの後塵を拝する。そして長期間会社を存続させ、それらの強豪相手の背後にいる巨大な投資家たちを引き剥がしたいと考えている。ATICはこれからニューヨークに建設する予定の工場とドレスデンの製造設備拡張に30億ドルの投資を行なっているが、TSMCやUMCを凌ぐには十分ではないだろう。

アブダビの工場は300mmウエハースプロセスと、60億ドル〜70億ドルのコストがかかるだろうと、ATICのチーフエグゼクティブオフィサーIbrahim AjamiはDow Jones Nuewswiresに語った。工場設備は2014年〜2015年には製品製造ラインを稼働させるだろう。

だけれども未だに半導体工場には数十億ドルのコストがかかり、世界最大の半導体製造工場群を計画するのに70億ドルの予算が計上されるだろう。多分、ATICは実際のウエハース製品製造だけにとどまらず、テストビルド設備や巨大工場に隣接したパッケージング設備も導入するだろう。

最近ATICはテキサスのオースティンにある低消費電力チップ設計会社のSmooth-Stoneを訪れた。その会社は一見したところファブレスのビジネスと資産運用を継続して投資している様に見える。

「私たちは半導体業界で私たちのポジションを高めることを確約することに焦点を当てた投資会社である。それは価値ある鎖を他の部分とつないで拡張し取り込んでいく」とAjami氏は語った。

—-
えーと、目指せTSMC?Intel??

DRAMの製造コストが2006年始めに比べて増加している。要因はNanyaとエルピーダ?

digitimes.com DRAM production costs rise for first time in 15 quarters, says iSuppli Press release; Jessie Shen, DIGITIMES [Wednesday 15 September 2010] より。

DRAMの製造コストが15四半期始めに比べ増価しているとiSuppliは伝えている。

Press release; Jessie Shen
2010年9月15日

2010年第2四半期のDRAM製造コストは2006年第3四半期以来増加しているように見え、メモリ産業の製造経費は確実に上昇しているとiSuppliは伝えている。

DRAMの平均製造コストは2010年の第2四半期ではギガビットあたり2.03ドル出会ったが、2010年第1四半期の2.00ドルから上昇したとiSuppliは伝えた。ほんの1.2%の上昇が意味することは、2005年から始まって以来四半期ごとに平均9.2%製造コストが下落していたこれまでのトレンドの流れから逸脱していることを意味する、とiSuppliは示した。

この第2四半期における製造コストの上昇は、9ヶ月間の平均よりも少ない下落で終わる事が最大の要因であり、2009年の第3四半期以来平均してちょうど四半期あたり1.7%の下落で終了するだろうとiSuppliは伝えた。

そして、それぞれの期末の間3%だけ減少した前の2四半期と比較して、直近の四半期末にトレンドの流れが突然逆になった。2010年第1四半期をスタートポイントとして、もしコストがこれまで通りにより加工曲線に沿うのなら、第2四半期のコストは彼らが現実に見ているより21%以上下落しているはずであった、とiSuppliは示した。

「第2四半期間のDRAM製造コストの上昇は市場にいる二つのビッグプレイヤーの活動に従っている。世界第3位のサプライヤーである日本のElpida Memoryと、世界第5位の台湾を本拠地とするNanya Technologyである」と、iSuppliのDRAM市場シニアアナリストのMike Howardは言う。「Elpidaの経費が11%もの急上昇した時、Nanyaは製造コストが4%上昇したと見ている。」

一方、Nanyaは旧世代の平面露光テクノロジから新世代の積層型プロセスに移行する際に生じる困難な状況を現在の高いコストで賄っていることが原因と見ることが可能である。この移行時期の間歩留まりは低下し、そして結果として製品のビットあたりのコストが上昇しているのである。iSuppliが信じているそのトレンドは、NannyaのDRAMテクノロジーの歩留まりへの挑戦が解決すると素早くかつてのように戻り、その会社のコストは次の四半期が来る間に大幅に減少するだろうと予測している。

もう一方であるElpidaは、会社を他の製造工場にアウトソーシングする製品を増やしたあと、コスト構造を変化している現在の問題から抜け出すことが可能である。Elpidaは第2四半期の間台湾のパートナー企業から高いコストで直接DRAMを購入していたが、Elpidaは供給量が限界なため他に選択肢はない、とiSuppliは指摘している。

とはいえ、Nanyaの様に、Elpidaのコストはコスト構造をうまく整理することにより減少に向かうだろう。そしてまた調整が必要な産業界全体、とりわけ移行の間必要な半導体の湿潤露光技術の成熟度と関連し、製品コストは明確に下落させるべきであり、長期的に見て平均としては再びかつてのように下落するとiSuppliは信じている。

—-

日本のエルピーダメモリはかつてのDRAM製造会社から集めて作られた会社だから、社員間の連携がうまくいかないとか旧世代のプロセスから脱却できないとか取引スピードが遅いとかいろいろ言われていたからな。今は改善の最中?

訳しきれていない点は単に私の能力が問題なんで、暇があれば指摘してもらえると助かります。