Ubuntu Linux 10.04.1 Lucid Lynx + ASUS M2A-VM + Dell U2711液晶モニタでGnome-Panel表示が正常になった。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx + Dell U2711液晶モニタで2560×1440 pixelsの解像度で、Gnomeデスクトップ上のGnome-Panel表示が正常に描画されない問題は、アップデートにより正常に描画されるようになった。

  • 2010年8月17日付のUbuntu Linux 10.04.1ポイントリリース版
  • Linuxカーネルは2.6.32-24-preempt
  • 2010年8月23日付のxorg-edgers Radeonドライバ

これで毎回ログイン時にGnome-Panel上で「プロパティ」から位置を変更し手動で再描画させなくても良くなったので楽になった。

AMDのサーバ向けCPU市場シェアが下落する : 最新のOpteron6000シリーズ出荷遅延により

The Inquire Intel grabs some of AMD’s server share It wasn’t using that, it seems By Ed Berridge Thu Aug 19 2010, 10:14 より。

概要として、

  • IDCによると、サーバ市場におけるシェア率についてIntelはAMDからいくらか奪還した。
  • すべての原因は、AMDが最新のOpteron6000シリーズの出荷速度が遅いということと、Intelのチップの方がearly adopters(※マーケティング用語。初期採用者)に先に製品を届けられたから。
  • Intelは2010年第2四半期で93.5%のサーバプロセッサ市場のシェアを獲得し、去年の同時期の89.9%に比べて上昇した。
  • それに応じてAMDの市場シェアは10.1%から6.5%に滑り落ちた。
  • AMDが第1四半期から第2四半期にかけて市場シェアを失った理由のほとんどはAMDの新しいOpteron6000シリーズを素早く出荷できなかったことである。
  • IDCはAMDがそれらの出荷問題が過去にも起きているという。
  • AMDはサーバ、デスクトップ、モバイル向けを含む巨大なx86アーキテクチャプロセッサ市場をつかんでいるが、市場全体でのプロセッサ出荷数はは2010年の第1四半期から第2四半期にかけて18.8%から19.0%に上昇した。
  • あなたはほんの少しだけAMDのノートPC向けチップ出荷により2010年第1四半期の12.1%から第2四半期の13.7%への上昇分があると見て取れるだろう。その間Intelの市場シェアは87.8%から86.1%へ下落した。
  • 最後にIDCはIntelはデスクトップ向けチップの市場シェアが第1四半期から0.5%上昇し72.2%となったと発表した。

—-

いつものAMD。どうしてもIntelに生産設備規模に対抗できないため商機を逃すというK6-IIIなど過去にもあった状況。CPU市場全体ではAMDが少しだけシェアを増加させたニュースが先日流れていたが、ノートPC向けでシェアをとったらサーバ向けでシェアを落とすというシーソーゲームのようだ。まさにIntelにとって生かさず殺さず。