うわさ AMDの次世代CPU「Bulldozer」向けチップセットAMD 900シリーズの仕様が登場 – IOMMUは標準機能

xbitlabs.com AMD to Introduce Bulldozer-Compatible Core-Logic Sets in Q2 2011.AMD 900-Series Chipsets to Support Bulldozer Processors, IOMMU Functionality [09/24/2010 03:28 PM] by Anton Shilov より。

AMDは「Bulldozer」互換コア チップセットを2011年第2四半期に登場させる

AMD 900シリーズチップセットはBulldozerプロセッサ及びIOMMU機能をサポート

Anton Shilov
2010年9月24日

AMDは「Bulldozer」マイクロアーキテクチャとI/Oメモリマネージメントユニット(IOMMU)を特徴とした登場予定のコードネーム「Zambezi」プロセッサ向けの新900シリーズチップセットを登場させる予定である。新たに誕生するチップセットはAMDの「Scorpius」ハイエンドユーザデスクトップPC向けの一部である。

AMD 800シリーズと900シリーズコアロジックチップの間の違いはいくつかの小さな違いがあるだけであり、新しい「Scorpius」プラットフォーム向けの主な二つの特徴は、新しい「Bulldozer」アーキテクチャのサポートとIOMMUサポートであり、新しく番号がふられたAMDのデスクトップPC向けプラットフォームは強豪相手のIntelとの違いを明確にするためであるとAMDの計画について近い人物は語っている。

伝統的なMMUのように、マイクロプロセッサの仮想アドレスと物理アドレスを変換するIOMMUは見かけ上のデバイスの仮想アドレスを物理アドレスに割り当てる。IOMMUはI/O仮想化技術を安全で拡張可能な高性能なソリューションとしてクライアントPCおよびサーバに提供する。IOMMUがサーバ及び仮想化環境プラットフォームに活用されるのは明確であり、デスクトップPC向けの主な活用方法はヘテロジニアスコンピューティングの性能改善と観るのが適切であろう。

この点は何の強固なガイダンスはないのだが、全てのマザーボードがAMD 900シリーズチップセットはAM3+ソケットを特徴としコードネーム「Zambezi」デスクトップ向けプロセッサが現在のAM3チップをサポートするだろうという点はかなりあり得る話である。そのメインボードはAM3+およびIOMMUを超えた意味のある改善をサポートするだろうし、実際新チップセットは新しいクロックスピードジェネレータ及び「Zambezi」チップはTurbo Core 2.0テクノロジをサポートするだろう。その技術はオーバークロッカー向けの新しいオプションをいくつか可能にするだろう。

それでもAMDは2011年第2四半期に900シリーズチップセットの出荷を開始する計画であり、32nmプロセスで製造される「Zambezi」デスクトップPC向けマイクロプロセッサが出荷可能になるまでは判らない。

AMD 900シリーズチップセットはわずかに異なる3種類のノースブリッジが存在する。

  • AMD 990FX 2つのPCIe 2.0 x16スロット(4つのPCIe 2.0 x8としても動作),6つのPCIe 2.0 x1スロット,一つのPCIe 2.0 x4スロットからなり、SB950 I/Oコントローラと対で使用する。
  • AMD 990X 一つのPCIe 2.0 x16スロット(2つのPCIe 2.0 x8としても動作),6つのPCIe 2.0 x1スロット
  • AMD 970 一つのPCIe 2.0 x16スロットからなり、SB950 I/Oコントローラと対で使用する。

AMD 900シリーズのサウスブリッジは下記の機能をサポートする。

  • AMD SB950 4つのPCIe 2.0 x1スロット, 14個のUSB 2.0コントローラ, PCIバス, 6個のRAID0/1/5/10をサポートしたSATA 6.0GBpsコネクタ
  • AMD SB920 2つのPCIe 2.0 x1スロット, 14個のUSB 2.0コントローラ, PCIバス, 6個のRAID0/1/10をサポートしたSATA 6.0GBpsコネクタ

なおAMDからはこのニュースについてコメントしていない。

—-

IOMMUの990Xに期待。890FXはオンボードグラフィクス機能が無いから家庭内サーバには消費電力的に避けたい。Intelと違いPCIバスをまだサポートしてるが、USB3.0のチップセット内蔵は見送られたようだな。

うわさ AMDのVision・FusionブランディングにATIを統合させるためATIブランドが消える?

vr-zone.com [Rumour] AMD to phase out “ATI” logo from Radeon cards Published on Sunday, August 29 2010 2:30 pm by Sub より。

うわさ AMDが「ATI」ロゴをRadeonカードからフェーズアウトさせている

先週、広くAMDがRadeon HD6000シリーズからATIロゴを外す計画を立てているという噂が広まった。AMDは以前からプロフェッショナルおよびストリームコンピューティグ向けGPU製品群からATIブランドを外し FirePro及びAMD FireStreamとしている。AMDが残しているように見える「ATI」ブランドを完全に収束させるかどうかにかかわらず人々はATIのロゴが削除された新しいロゴを見るだろう。
それは多くのATI信者がAMDによってブランドを取り除かれることを非難することは疑いようもない。だけれども、それは以外でも何でも無いが、AMDの長期戦略である「Fusion」計画とって当然の帰結である。AMDは既にGPU・CPU・チップセットを一つの会社で提供する完全なプラットフォームソリューションを推進しており、少し前から「Vision」ブランディングを推進している。「ATI」ブランドを外すことは感情的な問題はあるけれども論理的なことである。
「ATI」ロゴは確実に取り除かれるだろう。そして私たちはAMDが彼らの製品ラインナップに「ATI」の文字をいくつか継続して使用することができると願うだろう。だけれども、私たちはAMDの「Fusion」計画に寄り合致するものとして受け入れるべきである。

—-

まあAMDのATI買収から時間もかなり経ったことだし、マーケティング的に統合していくことはいいことかと。

これからIntelはゲーム向けPCのGPUとしてこれからも「ATI」として呼ぶんだろうな。

何故IntelはMcAfeeを買収したのか Semiaccurate.com By Charlie Demerjian氏

semiaccurate.com Why Intel bought McAfee Nothing to do with security by Charlie Demerjian August 20, 2010 より。

何故IntelはMcAfeeを買収したのか

セキュリティと一緒でも何もできない

by Charlie Demerjian

2010年8月20日

IntelのMcAfee買収は素晴らしい相乗効果を生み出し、会社に従う誰もが数多くの同意をしている。そのことについて数多くの意見に反しているが、セキュリティと一緒で七にもできないのである。

Intelの現在の本拠地は企業向けコンピュータ、デスクトップPC、ノートPC、そしてサーバであり、「Best Buy(アメリカの家電製品ディスカウントショップ)」セットの為に必要なマシンは無い。AMDは20%前後の市場シェアを擁しているが、その大部分は彼らが所有している市場の20%以下である。これは両方の会社に販売したチップの平均小売価格に跳ね返ってくる。企業向けには価値で買い物をする傾向があり、一般消費者は価格で買い物をする傾向がある。IntelのMcAfee買収は演出できる価値を付け加える。

その付加価値はセキュリティではなく、私はIntelがまもなくかつてよりむしろMcAfeeの部門を削ぎ落し始めるだろうと予測している。Intelは管理しやすいソフトウエアとしてMcAfeeを買収し、特にVpro/AMT(※IntelのPC管理システムのこと。管理者による遠隔操作やソフトウエアバージョン管理、インストール状況をネットワーク経由で一元管理できる技術)との統合を目指している。彼らは中規模の市場への売り込みのあと、Fortune500リスト企業向けの大規模パッケージを販売する。Intelは今HPやDell、IBMの管理ソリューションに焦点を合わせ競合するつもりであり、それは彼らに好意的な会社を含む数多くの摩擦を引き起こすであろう。

だがどのように彼らの76億8,000万ドルもの買収金額に貢献するだろうか?簡単である。彼らはこの合併が成功した場合またたく間に売上に貢献するだろう。Intelは大きな会社に人を送り込んでこう言う、「もしあなたがたが『ナンダカヨクワカラナイ』チップセットを買うのなら、あなたはより上位CPUを手に入れられる。もしあなたが『ナンダカヨクワカラナイ+2』を買うならばVpro/AMTを付け加えられたより上位のCPUを手に入れられるだろう。Vpro/AMTはあなたがたのPCのを管理するのに、医療保険の相互運用性と責任に関する法律や、SOX法、ボツリヌス菌毒による顔のしわ取り施術やタリバンのイスラム法42番などからVpro無しマシンに比べて3分の1のコストで実現する。

かつて管理はPCを所有する上乗せされるコストとして素早く対抗する力であり、これは難しい販売ではない。もしあなたが同じスピードの『ナンダカヨクワカラナイ』と『ナンダカヨクワカラナイ+2』チップセットの価格に違いに気づいたのなら、ほんの少しのドルであり、それはたった25ドルと書かれているだろう。それらの二つのチップの間の違いは100%人為的なものであり、まったくもって単純な茶色いヒューズであり、Intelのコストは0ドルであり、プラスもマイナスもない。

本質的にもし彼らがあなたに+2チップを高額で売りつけることが出来たら、あなたはIntelの年間2億ドルのチップ売上に加担することになり、そして25%の割合で高額で売りつけられたチップに加担しており、あなたは52億5,000万ドルの追加利益を見て取れるだろう。もしMcAfeeが高額で売りつけるきっかけを作ることができるのなら、それはまたたく間にペイするだろう。この相乗効果は計り知れない。

ちょっとしたメモとして、IntelはアンチウィルスプログラムをVpro/AMT 1.0で動作させようと試行し、無様にも失敗した。その考えは単純であり、あなたは画面上に文字が飛び回ったり
それらがCPUやメモリを乗っ取る前に危害をもたらすコードを遮断するフィルタをチップセットで実行させようということである。その考えは明快でシャレているが、Intelの管理者には「誤検出」という文言を理解していなかった様に見える。結果得られるものに、かれらはそれについてそれ以上話そうとせず、いくつかの良識ある人々は黙り込む。家に帰るよう促されているメッセージには、ハードウエアはセキュリティにとって合わない場所であると書かれている。

最後に、InteのMcAfee買収には非の打ち所のない判断力を感じさせ、市場の最も儲かる部分と全体的に相乗効果をもたらし、そしてとても素早く動いている。それは自身の非常に短い注文のためにお金を支払い、そして企業向けコンピュータ分野の勢力図を書き換える非常に良いチャンスである。それはまたDellやHP、IBMやいくつかの巨大なソフトウエア会社に砂をかけることになるだろう。それが表しているたった一つの出来事は何者にもセキュリティ向上は行わせられないといういことである。

ノート:もしあなたが自身のPCをよりセキュリティを向上させ安全にしたい場合、あなたはSemiAccurate提供の簡単なセキュリティロックダウンチェックリストを使うことでセキュリティ問題の99%を排除することができる。

セキュリティロックダウンチェックリスト 開始

ステップ1:□Windowsを廃棄する

セキュリティロックダウンチェックリスト 終了

—-

ワロタ。Intelにとって何でもいいから1ドルでも付加価値となる文言が追加できるチップなら数百万ドルの利益になるということか。

うわさ nVidiaはタブレット型端末のために新しいチップを作るのにTransmetaの技術を使う?

xbitlabs.com Nvidia Uses Transmeta Technology to Create New Chip for Tablets – Rumours. Nvidia Reportedly Works with Transmeta’s Code-Morphing Software [08/16/2010 04:20 PM] by Anton Shilov より。

うわさ nVidiaはタブレット型端末のために新しいチップを作るのにTransmetaの技術を使う?

by Anton Shilov

nVidiaは伝えられるところによれば、タブレット型端末やその他の小型モバイルデバイス市場でIntelのAtomマイクロプロセッサに対して競争するため、Transmetaによって開発された独自のコードモーフィングソフトウエア技術を利用したチップを開発しているという。

だけれどもnVidiaは自身のTegraシリーズSoCデバイスを2年前からリリースしており、そのプロジェクトは大変成功しているようには未だ見えない。いくつかの自社製品採用獲得はあるが、Texas InstrumentsやQualcomm、そしてその他のような競合他社はARMベースのSOCを携帯電話やタブレット型端末、セットトップボックスやその他低消費電力デバイス製品の最も巨大な供給会社として製品を出荷し続けている。nVidiaはその潜在能力を有するTegraファミリーラインナップの改良を続けている。しかしいくつかの非公式のソースはSanta Clara、カリフォルニアを起点とした会社もまたチップを開発中であり、それはx86アーキテクチャ業界でIntelのAtomベースSoCに対して接戦を繰り広げるであろうと主張している。

Bloombergニュース配信社によって引用されたその非公式ソースからの情報(※英文)は、nVidiaは「Intelのチップが動作する方法を複製したソフトウエアを使うTransmetaによって開発された技術を活用する」プロジェクトが進行していると主張している。nVidiaはTransmetaから特許を自身のものとして以来、これは会社が非x86チップをx86チップとして機能させることが可能なコードモーフィングソフトウエア初期の指標であろう。TransmetaがCrusoeやEfficeonマイクロプロセッサで普及に失敗したあとの2番目の挑戦である。そのSoCは伝えられるところによればタブレット型端末向けとして設計されている。

Google AndroidやNokia/Intel Meegoその他タブレット型端末向けのOSの多くの潜在能力を考慮するなら、(デスクトップPCやノートPCと異なり)Microsoft Windows OSの要求に激しく答える必要は無い。その結果として伝統的なPCに気まずくもx86を必要とすることもない。それ故、nVidiaがWindowsやそれを覆う数多くのコードモーフィングに確実に挑戦することは予想以上に驚くことである。

nVidiaがx86アーキテクチャをエミュレートするコンピューティングを保有するかどうかは完全にはっきりしているわけでなはい。ARMアーキテクチャベースのプロセッサは一般的にAMDやIntelのx86チップと比較して低性能であると受け止められており、かつてもし最も最新のARM設計によりx86をエミュレートすることが可能なら、最終的な性能は酷いことになるであろう。またnVidiaのスカラー型Geforce GPUでx86をエミュレートすることは良いアイデアには見えない。

それに加えてTransmetaのコードモーフィングソフトウエアは消費電力減少のための非常に洗練された技術であり、彼らがそれを使用することはnVidia TegraのみでなくGeforce、Quadro
、Teslaやその他の製品群の為だけに使われるということは無いと考えるのが論理的である。

nVidiaはこのニュースに対してコメントしていない。

—-

この手があったか。nVidiaやるなあ。TransmetaLinusが在籍していたことでも知られた会社で、低消費電力が得意としていたが、CPU以外のチップセットがかなり電力食いかつCPUが低性能で、結局IntelやAMDが低消費電力CPUやチップセットを開発してシェアを確保できず資産売却&知的財産売却で解散した会社。

Crusoe採用の富士通ノートPCが欲しかったんだよな、当時。

うわさ nVidia Tegraのジェネラルマネージャーであるマイク・レイフィールドが更迭される?

Semiaccurate.com Whispers say Mike Rayfield out at Nvidia. Tegra is still doing well, just ask Nvidia. by Charlie Demerjian August 2, 2010 より。

nVidiaからマイク・レイフィールドに出て行けとささやく。

TegraはまだよくやっているとnVidiaは答えるだけ。

亀裂がnVidiaのTegra部門に見え始めている。いくつかのより巨大な枝にぶら下がって縮小し、キーパーソンにはドアが見え始める。ロードマップの大改革と共に、混乱のために正しい形式を取るであろう。

最も大きいニュースはSemiAccurateがTegraで知られているモバイルビジネス部門のジェネラルマネージャーのマイク・レイフィールドはこれ以上nVidiaにはいられないとから聞いたことである。ただし表向きは彼はまだ雇用されているが、nVidiaの複数のソースは彼は長期休暇を取るよう求められていて、解雇ではない。そして彼のオフィスは彼がビーチで飲み物を飲む前に空っぽになった。私たちは彼がおそらくまだ表向きは給与を貰い、ほとんど契約上の理由のためであると確信している。

なぜジェネラルマネージャーが出ていかなければならないのか?二つの原因として、成果物と売上である。成果物側は全く持って明確で、Tegraは全く持って酷い騒ぎであり、Tegra2は計画の背後に、酷い出来で公約した消費電力目標を遥かに上回る出来という状況である。そのチップは要するにいくつかの鍵となる市場から締め出せされて、シリコンチップが多くの会社の手に入った途端熱いじゃがいものように落とされてしまった。nVidiaは簡単に納品できず、コンペでも同様である。

これらの数々の失敗はシリコンチップが設計段階で成功を約束された目的を守れなかったことが直接の結果である。もう十分であり、プロモーションはnVidiaによって終了するであろう。その時点でボールを落として、最終的には張本人である人間が責任を取るため探し出され、即座に確固とした行動を取るであろう。

私たちが聞いている事から、nVidia経営者がチップセット部門とTegra部門を一緒にしたとき、チップセット部門の人間は経営者がロードマップを言ったとき「なんて恐ろしい」と思い、完全に再検討するよう呼びかけた。Tegra3の後まで長い期間考え、何も影響することが起こりそうにもないことをどうか記憶して欲しい。人々は輪に入って再検討はすべきだがなかなかできなかった結果であったという。

それは私たちに売上の失敗という2番目の原因を思い起こさせる。私たちは言い続けたこととして、nVidiaは公約したスペックによってすべての場所で自社製品採用を勝ち取ったが彼らは単純に届けることができなかった。自社製品採用はただ設計図だけで、シリコンチップを届けるまでであった。複数の会社からのソースは、SemiAccurateに同じような話を話す。nVidiaはスペックを公約した、そして公約に合致したシリコンチップを届けることができなかった。そんな訳でTegraはふるい落とされ、ここにプランB(代替案)が置かれた。もしあなたがその流れのより詳細を求めているのなら、SamsungとTegraデバイスで起こった出来事(※英文。SamsungがTegraの消費電力量が大きすぎるので採用を見送ったという話。日本語訳はトランキの小部屋を参照下さい。)を見るといいだろう。

十中八九PSP2の件(※英文。Tegra2が相変わらず大消費電力でSonyが怒っているという件。)でそれはラクダの背中で確実に壊れた価値のないものになった。それはメインチップとしてTegraの変種を採用しており、そして私たちはnVidiaが納品したシリコンチップはソニーが今現在のところひどく不快なものとして見ていると聞いた。複数のソースはいずれにせよ今回は採用されないかただソニーに不満をぶつけられるだけであると伝えている。

結局、Tegra担当のジェネラルマネージャーは追い出された。nVidia広報部は誇らしげに語る自社製品が採用されたどうしようもない大多数の製品群は煙のようにふき消されるであろう。そしてそれは既に起こっている。そしてそれはMicrosoftのKin(※英文。日本語情報はitmedia.co.jpを参照。)である。それを一層悪いこととして、私たちは将来「ビッグな自社製品採用獲得」ということがまたまな板の上に置かれるのを聞くだろう。夢をそろそろ諦める時だが、それについて始めることに現実的になれないまま数十億ドルが費やされるであろう。

—-

細かな言い回しは間違いが多いと思う。話半分で読んで。簡単にいうと「Tegraの開発に失敗した」ということ。そりゃPCのチップセットしか作ってこなかった技術者に組み込み系の携帯デバイスチップを開発するノウハウなんて無いでしょう。当たり前のことかと。更に設計変更はTegra3の後までできないと。CharlieはnVidia広報部をこてんぱんにディスってますな。

ひとりごと:この記事のURIを勝手に貼っても全く構わないが(こちらも許可なく訳しているんで)、本人が貼っているわけではないと一言添えて書き込んで。2ちゃんねるで宣伝扱いされたのは心外なんで。

うわさ AMD次世代チップセットのUSB3.0実装はルネサステクノロジーのライセンスを受けるかも

SemiAccurate AMD considering its own USB 3.0 implementation Licensing from Renesas より。

  • Digitimesによると、AMDチップセットのUSB3.0の実装はルネサス(NECの半導体部門)からライセンスを受けるかも。
  • ルネサスのライバルのFresco logicはソフトウエアスタック部分で問題を抱えている。
  • AMD Fusion APU「Ontario」のチップセット「Hudson D1」のSouth Bridgeから採用予定。
  • デスクトップPC用より先にノートブックPC用チップセットから先に登場。
  • それに比べてIntelはUSB3.0のチップセットへの実装を急いでいない。

ルネサスのUSB3.0ホストアダプタチップは様々な製品に採用されているが、先ほど従来品比85%の消費電力削減に成功した製品「μPD720200A」を発表している。またAMDのチップセット880Gや890GX、890GX採用のマザーボードにもよく採用されている。