エルピーダ社長曰く、2011年3月以降はPC向けDRAMの価格は上昇するとの予想

digitimes.com Elpida CEO positive about PC DRAM demand after March Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES [Thursday 10 February 2011] より。

DDR3メモリの供給は2011年3月のバランスポイントを超えた後、4月から5月にかけて非常に少なくなるだろうとエルピーダメモリ社長坂本幸雄は語った。PCのOEM会社のDRAM在庫は0.9ケ月分で、3月中旬に向けて0.8ヶ月分に下落するだろう。

「メモリの在庫を顧客と調整を行った結果、DRAMの価格下落は3月に2Gb DDR3パーツが3ドルへ上昇し始めるだろう、と坂本社長は語った。

それに加え、DRAM市場でいくつかの企業はさらなる淘汰・合併及び買収の波により2〜3社は脱落するだろうと予想している。彼はまたDRAM製造会社は生き残るためにモバイル向けDRAM製造へ
移行するだろうとコメントした。

「エルピーダ所有の広島工場の製造能力は殆どモバイル向けDRAM生産へと移行を済ませており、PC向けDRAMは現在台湾のパートナー会社から直接購入している。」

坂本社長は2011年2月9日のビデオカンファレンスで語った。

「エルピーダは2月25日に台湾から直接商品を販売することを始める計画を公開した。」

—-

メモリは2011年2月中が底値のようだ。

広告