Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatにアンチウイルスツールをインストール

先日リリースされたUbuntu Linux 10.10 Maverick Meeacatだが、10.04の際に使用していたESET NOD32 Antivirus 4 for Linux だとdpkg関連でエラーが出てアップデートやインストールができないという不具合が発生したため他のアンチウィルソフトウエアをインストールした。前回はこちらの記事を参照。

  • Bitdefender Antivirus Scanner free edtition for unices : 1年間の無料試用の可能なLinuxデスクトップ向けアンチウィルソフトウエア。amd64向けやdebファイルなどUbuntu Linuxへの導入が容易。またGUIありとなしが選べるため、サーバでの運用も可能。

GUI版を導入したら、デスクトップにD&Dでファイルやフォルダのスキャンが可能なドロップエリアが表示された。Linuxデスクトップ向けではこれまでで一番洗練された印象。だが面倒なのでドロップエリアは非表示にしたが。

現在のところ問題は発生していない。またWindows向けウィルスソフトウエアのZIPアーカイブもリアルタイム検出で渓谷が表示された。当分使用する予定。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。