AMDのFusion APU「Zacate」は2種類で「Brazos」プラットフォームの詳細が明らかに

xbitlabs.com AMD to Offer Two Fusion Zacate Processors for Desktops. AMD Fusion E350 and E240 Getting Ready for the Launch [09/23/2010 12:20 PM] by Anton Shilov より。

AMDは2種類のデスクトップ向け「Zacate」を提供する。

AMD Fusion E350およびE240はローンチ準備中
by Anton Shilov
2010年9月23日

AMDは2010年末にコードネーム「Zacate」のデスクトップPC向けに2種類リリースする。それぞれはTDPは非常に近いが、「Bobcat」アーキテクチャによるx86コア数が異なる。

低消費電力デスクトップPC向けの通称ネットトップ向けには、AMDはデュアルコアZacate E350およびシングルコアZacate E240を提供し、それぞれ統合型DirectX11対応GPUコア、UVD3ビデオエンジン、シングルチャネルPC3-10600(DDR3 1333MHz)メモリコントローラを内蔵し、TDPは18WであるとAMDの計画に近いニュースソースは伝えている。そのチップはBGA FT1パッケージで、マザーボード直付である。

AMDのデスクトップPC向け「Brazos」プラットフォームは、AMD Fusion APU「Zacate」と「Hudson D1」Fusionコントローラハブから成り立ち、PCI Express 2.0 x4バスで接続されており、4つのPCI Expresss x1ポート、PCIバス、6個のSATA 3.0Gbpsポート、14個のUSB2.0ポート、統合型クロックジェネレータが接続されている。RAID、ギガビットイーサネットなどはサポートされないため、「Brazos」プラットフォームは追加チップなしで一般向けデスクトップPCとして販売することは難しいだろう。

AMDのCPUやGPUが既にモデルナンバーまで伝えられているにもかかわらずこれから登場する予定のOntarioベースのFusionAPUの公式なクロックスピードをアナウンスしていない点は注目に値する。そのような秘密主義はカリフォルニアのサニーベルをベースにした企業がZacateとOntarioプロセッサの新しいブランドネームの導入を計画していることの対するものであるというのが妥当だろう。

AMDはOntarioおよびZadateを2010年末に製品出荷を予定し、双方のプロセッサをサポートするBrazosプラットフォームは2011年初旬にローンチする計画である。またAMDパートナーは2011年初旬に新しい技術に対応した最初のデバイス投入を予定している。

AMDはこの件に関し何のコメントもしていない。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。