nVidiaの次世代GPU「Kepler」は2011年第2四半期に登場予定

vr-zone.com NVIDIA next-gen is “Kepler”, 28nm in H2 2011 Published on Wednesday, September 22 2010 5:17 am by Sub より。

nVidiaの次世代GPU「Kepler」は2011年第2四半期に登場予定

GTC2010開催中に、nVidiaは現在呼ばれている次世代GPUアーキテクチャ名「Kepler」を公開した。nVIdiaは未だに「Fermi」シリーズの最後のチップである「GF108」を2010年10月にGeforce GT400リリースして製品ラインナップを補間するのに忙しい。次の大きなステップはたった2011年第2四半期に「Kepler」と共に進むという。

「Kelper」はワットあたりの倍精度性能を「Fermi」の2倍〜3倍の向上を目指している。不運にもGTCは伝統的にゲームよりもコンピューティングに重きを置くが、倍精度演算はゲームにとっては少なくとも現時点ではあまり重要ではない。ゲームに関連する様々な大きな革新は将来開示されると考えることが適切だろう。「Kepler」と共にやってくる「Maxwell」は、相当なワットあたりの倍精度演算性能の改善を約束しているが、nVidiaの科学者の名前をアーキテクチャ名にする流れは2013年および22nmまで続くだろう。

2011年第2四半期の「Kepler」および2013年の「Maxwell」のスケジュールが公開されている間、nVidiaもTSMCも目標日程に合わせるために必要な工程全てに成功しているわけではなく、我々はこれらの日程を割り引いて捉えるだろう。特にかつて「Fermi」が同じスライドに2009年の日程が書かれており、実際には一番早く「Fermi」カードが登場したときは2010年4月しか可能ではなかったことを考えると現実には目標日程は割り引いておくことが妥当であろう。たとえそうでも、2011年第2四半期はかなり遅い時期であり、私たちはAMD HD6000世代との戦いの前に幾らかの蓄えを持っておくことを願うばかりである。

参照元:Fudzilla

—-

ちなみに「Kepler」(ヨハネス・ケプラー)は、17世紀現在のチェコ共和国にてプラハでティコ・ブラーエの膨大な天体観測結果から、コペルニクスの地動説の問題を解決し惑星運動の3大法則を発見した偉人。
「Maxwell」(ジェームズ・クラーク・マックスウェル)はアンペール・マックスウェルの法則(変位電流と磁場の関係)およびマックスウェル方程式で電気と磁気を統一する電磁気学を創設した偉人。
さてnVidiaはこれらの偉人の名前を傷をつけない製品を開発できるのか?

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。