Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxのLinuxカーネル kernel-ppa mainline 2.6.36 2010年9月8日版でOracle Virtualbox 3.2.8を動作させる。

Ubuntu Linux 10.04のkernel-ppaに、Maverick Meeakat用のカーネル2.6.36のdebパッケージがアップされていたのだが、Oracle Virtualbox 3.2.8のkernel moduleのコンパイルに失敗する。実際に動作させる方法を備忘録としてメモする。

1. Oracle Virtualbox 3.2.8をインストールする。

Oracle Virtualbox公式ページからLinuxホスト用バイナリパッケージを参照してインストール。

2. Linux カーネル 2.3.36をインストールする。

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/daily/

.debファイルをクリックしてカーネルイメージとヘッダファイルをインストールする。ヘッダファイルはgeneric -> amd64の順番でインストール。

3. Virtualbox 3.2.8の修正パッチをあてる。

http://permalink.gmane.org/gmane.comp.emulators.virtualbox.devel/3134

上記のページ下部からAttachment (diff_vboxnetadp_vbox_3.2.8_linux_2.6.36) 3134-001.bin をダウンロードしておく。

$ sudo -s

$ cd /usr/share/virtualbox/src/vboxnetadp

$ patch -p0 < /ダウンロードしておいたディレクトリ/3134-001.bin

$ /etc/init.d/vboxdrv setup

これでモジュールが正常にコンパイル完了。

実はVMware Player 3.1を2.6.36で動作させることができなかったので乗り換えたw。しばらくすればVirtualboxのアップデートでパッチを充てなくても済むようになるだろう。あとGuestOSがWindowsVIstaやWindows7の場合サウンドドライバが見つからず音が出ないが、realteck.com.twあたりからAC97コーデックドライバをダウンロードしインストールすると音がなる。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。