AMDの次世代GPU「Southern Islands」は実は「Northern Islands」だった? By SemiAccurate Charlie Demerjian氏記事

semiaccurate.com What is AMD’s Northern Islands? A look at what is coming in October by Charlie Demerjian September 6, 2010 より。

最新のやられてしまったことは、AMDがATIを再び切り捨てる(※英文)だけでなくRadeon HD6000シリーズについてだって?このストーリーは長く複雑で、以前まで見えていたことが少しだけいくつかのことがより明快になったことである。

私たちがSemiAccurateとして大変悪かったと謝罪する、それは「Southern Islands」(以下SI)の名前についてである。いいや、SIは本物であり、数カ月前から現在まで「Northern Islands」(以下NI)と呼ばれていた28nmプロセスのチップのことである。日付や機能、そして我々の話したことは置いておいて、ただチップのファミリーネームを入れ替えるだけである。

なぜ?そのことについてはTSMCが非難を受けるべきである。私たちの話しは、AMDが32nmプロセスのNIのテープアウト前にTSMCが32nmプロセスをキャンセル(※英文)した所から始まる。幾人かの人々はそのクソッタレな決定にもちろんカナダ人のような気品あるマナーで大騒ぎしながら暴れたが、あなたは何をすることができた?nVidiaが同じように病気を移されたような発言を行なったが、彼らはテープアウトに近づくことができなくなってしまった。

それは混乱の中からスタートした。32nm NIの一部は「Cozumel」「Kauai」「Ibiza」と呼ばれ(※英文)、それらは突然瞬いた。次の一時しのぎは同じ時期に私たちがSIという名前を聞いたチップについてであり、それはその週占い師に私たちの占いをしてもらった。そのバックアップとして、政府向けHDデコーダボックスが一時しのぎのファミリーとして新しいコードネームを混乱させた。

その一時しのぎのファミリーには最初なんの名前もついていなかったが、その後NI-40と呼ばれるようになり、その後再びNIとだけ呼ばれた。28nmの情報と同じ時期に始まったこれらのことはぷかぷか浮き始め、不幸なことにデコーダがぐずり始めた。私たちはそのファミリーネームを間違ってしまったが、すべてが間違っているわけではない。

内部的に、新しいコードネームとして、「Cayman」「Bats」(※英文)という筋書きが置かれ、その後結局NIラインに再びと称された。私にまだ何かある?もしそうじゃないのなら、いいだろう、わたしはまた間違ってしまった。ともかくそれは私たちが困惑した部分であり理由である。

「Barts」はNIファミリであり、なぜそれらが?ええと、それらは実に単純で、彼らは本気になって「Evergreen」ファミリーをやり直している。その大幅な変化はシェーダー内に秘密があり、それらは4つのシンプルシェーダに1つの複合スシェーダの組み合わせから4つの同じ機能(※ミディアム)の複合シェーダになった。これはの圧倒的な演算量を単純な演算を行う古い方法より遅くならないようにするべきであるが、複合命令(※VLIWのことか?)のほとんどはまた高速に動作する。

その理由として新しい「均等な機能」のシェーダは組み合わせて同じ時間に一つのことしか行うことができないと要約することができるが、それら以上のことがあり、彼らはシェーダ数をより多く入れることができた。かつてGPUはマシンのスループットに支配され、デバイスのレイテンシには行き着かなかったがあなたはその違いを確認できず、それはいくつかの種類の命令がより速く動作するようになっただけであろう。

それらは多分構造的なものか2倍ほど少しだけ遅くなるが、サンプル品のリークがまもなく浮いているサイドデッキの攻撃店を探している。nVidiaがCESでFermiがHeaven benchmarkで多くの箇所でHD5870よりも速いことをプレゼンテーションしていたことを思い出せるか?売上や地位がどのようにして追われたか(※英文)を覚えているか?本物のベンチマーク数値を待って、絶望的に早口のビッググリーンFUD砲(※nVidia広報部によるネガティブキャンペーンのこと)について心配する必要はない。

かつてのシェーダ数は従来のグループの80%となり、いくらかスペースを削減でき、AMDが長い時間かけて最適化したスペースを上部に持ってきている。下部にはわずかばかり大きくなったシェーダがあるが、最終的な結果は従来の4+1シェーダグループよりも新しい4シェーダクラスタがよりスペースが小さく、より速くなる。

アンコア部、もしくは少なくともシェーダ以外も同じように強化され、それは特に強調すべき効果的な強化となっている。最終結果、シェーダの活用の非常に役立つことになり、性能はそれらによりまた増加されている。いくつかのシェーダグループが投入され、NIファミリーは特筆すべき性能向上となる。

HD6000シリーズがローンチされるのは何時かって?それは10月12日であるという噂があちこちで流布しているが、それはローンチ日ではない。10月12日には、HD6000シリーズ関連のイベントが行われるが、それはスケジュール上10月25日の±1日〜2日までカードは販売されないだろう。

その時何がローンチされるのかって?現在AMDがラインナップの穴を開けている175ドル〜250ドルレンジの商品からローンチされ、そこには仮定としてHD6700シリーズがあてられるだろう。驚くべきちょっとした偶然で、それは最初にローンチされることは確実で、その後すぐにHD6800およびHD6900シリーズがそれに続く。2011年初頭には、エントリー向けカードがあとからラインナップに埋められ、そしてそれらはローンチを完了するだろう。28nmプロセスがやってくるまでは。そのとき本当に興味深いことになる。

近い将来に話を戻すと、HD6000シリーズのローンチは基本的に市場に存在するnVidiaのチャンスを埋没させてしまうだろう。緑色のチームはすでに現在のAMD Radeon HD5000シリーズより高コスト構造になっており、最後の手段として、価格下落およびキックバックにより現在の活気のない売上に成功をもたらす必要がある。AMDはその間常に最高価格を維持し続けているが、HD5700シリーズは少しだけゆっくりと値を下げている。

あたかもAMDが部屋に入り込んで彼らの新しいチップをPCのスロットに挿入するようにnVidiaの希望と夢に酷い仕打ちをするだろう。事実、AMDがしていることは確実にnVidiaの儲ける必要のある利益を破壊しており、同じ時期にAMDの在庫は空になっている。

AMDは現在HD5000シリーズを運転席に載せており、nVidiaの競合製品であるGTX400シリーズを2週間以内でHD6000シリーズに置き換えることを実行するだろう。AMDはHD6000シリーズのラインナップが完全に揃うまでの間、開いた穴を従来製品の値下げで対応することができるが、その間、nVidiaは何の反応もできない。

AMDはDirectX11へ最初に対応する競争にHD5000シリーズでたやすくnVidiaに勝利した。HD6000シリーズでは、かれらはより多くの利益と経営状況、そして性能で2度勝利するだろう。TSMCの28nmプロセスが始まるまではnVidiaには何のチャンスもない。しかしその情報は既に少しずつ漏れだしていて、それらことからほんの少しも罵倒されることは予測できない。

—-

Charlie反省文w。この文のすこしまとまりのない部分はvr-zone.comでわかりやすく整理され解説されているが、残念なことにスペースが足りないため翻訳することができない Byフェルマー w。

広告
コメントする

3件のコメント

  1. うわさ AMD Radeon HD6870が2010年11月に登場 – チップ製造は非常に良好 SemiAccurate Charile Demerjian氏記事 « PCハードウエアとLinux情報 Leddownのブログ
  2. うわさ AMD Radeon HD6870が2010年11月に登場 – チップ製造は非常に良好 SemiAccurate Charile Demerjian氏記事 « PCハードウエアとLinux情報 Leddownのブログ
  3. うわさ AMD Radeon HD6870が2010年11月に登場 – チップ製造は非常に良好 SemiAccurate Charile Demerjian氏記事 « PCハードウエアとLinux情報 Leddownのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。