AMDの次世代GPU「Southern Islands」ファミリーの「Cayman」と「Caicos」の写真がリーク?

vr-zone.com AMD Cayman and Caicos Pictures Leaked Published on Monday, September 6 2010 4:57 pm by Sub より。

「Cayman」と「Caicos」のエンジニアサンプリング品の画像がChiphellによってリークされた。最初のリークは「Cayman XT」である。いくつかの噂ではRadeon HD6870として製品化されると言われている。パット見、「Cayman XT」サンプル品はサイドに赤い稲妻を模したラインが引かれ、Radeon HD5870に非常によく似ているように見える。このカードは5つのディスプレイインターフェースが特徴である。

その他にリークした画像は「Caicos」で、噂ではRadeon HD6300シリーズとして製品化されると言われている。このサンプル品はロープロファイルでヒートシンクのみで、スモールケースやHTPC向けだと思われる。Radeon HD6000シリーズのエントリー向けカードは1GBのDDR3メモリで64bitメモリインターフェース以上である。コアクロックは650MHz、メモリクロックは800MHzと言及されている。Fusion世代の最初のアプローチとして、AMDはエントリー向けディスクリートGPUカードの商品化を諦めていない。

強く言及するが、これらは単にエンジニアリングサンプル品であり、最終製品バージョンとは確実に異なる。

参照元 : Chiphell, Chiphell

—-

とうとうAMDの次世代GPU「Southern Islands」のカード写真のリークが始まった。ATIロゴがシロッコファンに貼られているのは、AMDが最近ATIブランドを終息させたことに関連しそれ以前にGPUカードが配布されていたことを示唆している。

nVidiaがGeforce GTX460の価格を下げる – 思ったより売れず他にAMDに対抗できる手段がない?

vr-zone.com NVIDIA GeForce GTX 460 Prices Cut Published on Sunday, September 5 2010 7:24 pm by Sub より。

nVidiaがGeforce GTX460の価格を下げる

nVidiaはGF104シリーズとして、Geforce GTX460はより利益率の高い製品の市場シェアを取り戻す為に大々的にリリースされた。GTX460のアグレッシブな価格設定は高性能を求める消費者の眉毛を釣り上げさせ、価格をその対価として受け取った。不幸なことに、Geforce GTX460は供給を上回るような予測よりも売れていない。その結果として既にGTX460はバーゲン特価になり、全体として価格が下げられた。GTX460 768MBの以前の価格は200ドルであったが、現在は180ドル以下となり、GTX460 1GBはまた220ドルに落ちた。

もちろんこの価格下落は驚くことではなく、既にGTX470とGTX480の価格カットの噂と予測があった。リファレンス仕様のGeforce GTX460 768MBはネットショップNeweggでAIC製のボードが現在179ドルから189ドルの間を推移し、199ドルから下がっている。Best DealではEVGA GTX768MB Superclockedは、13%の高クロックスピードによる性能改善を特徴としている。信じられないことに、Neweggでは189ドルで購入可能で、メールリベート(※アメリカの小売店で一般的な値引き方法。購入後メキシコなどにあるリベート送金会社に手紙を送るとその金額だけ数カ月後に返送して貰える)ではなんと179ドルで購入可能である。

1GBバージョンもほんのわずかではあるが同じように影響を受けている。リファレンス仕様のGeforce GTX460 1GBは229ドルでリリースされたが、現在ではZotac、Sparkle、PalitなどのようにAIC製のボードが219ドルに下がっている。オーバークロックエディションはまた平均10ドルほど価格が下がっている。

nVidiaのGeforce GTX470およびGTX480は引き続き300ドルと450ドルで推移している。GTX465は既に姿を消し始めており、例外として200ドル以下でバーゲン価格で販売されているが、GTX460以上のボードを購入する良い買い物とは言えない。不幸にもAMD側では価格が動いておらず、一番安いHISやGigabyte製のATI Radeon HD5830では190ドル、AIC製は199ドルの価格を維持している。HISはまた最も安いRadeon HD5830ボードを270ドルとして販売している。

いろいろな意味で、nVidiaのとんでもないアグレッシブな価格設定はGTX200シリーズを思い起こさせる。400ドルでリリースされたGTX260はATI Radeon HD4870の影響で1週間後にすぐに300ドル以下となった。55nmプロセスにシュリンクされ、216SPのGTX260+は500mm^2もの巨大なダイサイズにもかかわらず、2009年中頃には160ドル以下になった。その競争相手であるRadeon HD4870はたったの256mm^2のダイサイズであった。

Geforce GTX460は既に価格として優れた価値を有しており、その価格はよりバーゲンとして下げられるだろう。179ドルでGTX460はより遅いRadeon HD5770に危険なまでに価格が近づく。それはより遅くより高価なRadeon HD5830を購入する理由を少しだけ上げる。

AMD Radeon HD6000シリーズがリリース寸前に来て、我々はnVidiaがAMDと同じステージで価格競争するだけの余裕があるとは思えない。AMDは既にHD5000シリーズで確固たる性能向上とダイサイズのアドバンテージを有し更に向上するだけだろう。nVidiaにとっては価格を下落させることが唯一の対抗手段である。消費者のためにも短期間で良いニュースが聴ければよいが、私たちが求めている最新のニュースは一つの会社がGPU市場を占有しているということである。

—-

ここ2年ほどAMDがnVidiaとの性能・価格競争で連続勝利中だな。おかげでHD5000シリーズは一向に値段が下がらない…。

nVidiaがGeforce GTX460の価格を下げる

うわさ AMDのノートPC向け次世代GPU「Blackcomb」はMobility Radeon HD6000シリーズのフラッグシップか?

vr-zone.com [Rumour] “Blackcomb” is AMD Mobility Radeon HD 6000 Series Flagship Published on Sunday, September 5 2010 1:18 am by Sub より。

DonanimhaberはAMD Mobility Radeon HD6000シリーズのコードネーム「Blackcomb」が陣頭を取るだろうというレポートを発表した。もちろん、「Blackcomb」はデスクトップ向けのチップベースで、おそらく「Barts」か「Cayman」のどちらかだろう。AMDはMobility Radeon HD5000シリーズには「Cypress」を完全にスキップし、Mobility Radeon HD5870には800SPで128bitメモリインターフェースの「Juniper」を充てている。「Blackcomb」は256bitメモリインターフェースが特徴だが、いくつかの機能ユニットが劇的に増加していると予測される。

これは「Blackcomb」が「Cayman」チップに似ているという必要性に意味はなく、おそらくいまだ「Barts」ベースであろう。だけれども、Radeon HD6700の性能を有する「Barts」は256bitメモリインターフェースを特徴とする噂があり、それはHDx700とHDx800の性能ギャップを埋めることになるだろう。それ故我々は「Juniper」が「Cypress」との差よりも「Barts」と「Cayman」との差はより小さいと予測することが可能である。

Mobility Radeon HD6000シリーズは結果として、シリーズ全体の性能を劇的に向上している。だけれどもノートPC向けGPUとして性能が常に制限をかけられる要因があり、私達は新しい製品がMobility Radeon HD5870よりも高い速度であると予測できない。だけれども未だに性能の大幅な工場になることは疑いようがないだろう。しれはまたUVD3やEyefinityを特徴としている。nVidiaは新しくアナウンスしたノートPC向けGeforce 400M製品群ではOptimus技術(GPUを動的に切り替えて消費電力や発熱量を抑える技術)や3D Visionを強くプッシュしており、AMDは競合技術を回答として発表するだろう。

参照元 : Donanimhaber

—-

ノート向けGPUにも劇的な性能向上の兆しが出てきているな。ノートPCが販売の主流の日本では流行るかもしれない。