うわさ Radeon HD6870はシングルGPU最速のベンチマークスコアをたたき出す?

vr-zone.com More Radeon HD 6870 Benchmarks Leaked Published on Monday, August 30 2010 12:30 am by Sub より。

概要として、

  • Radeon HD6870のベンチマーク情報が追加で中国のサイトから流れた。
  • 前回の3DMark VantageのスコアはX12092とデュアルGPUのRadeon HD5970に近いスコアであった。
  • パフォーマンススコアはP24499とnVidia Geforce GTX480より20%高い。
  • 今回はCrysisと Unigine’s Heaven Benchmarkの二つのスコア。
  • CrysisはVery High設定で1980×1200 4xAAでは29.57〜43.55FPS。IQ設定もHighの状態。
  • Radeon HD6870の「最低」のFPSはRadeon HD5870やGeforce GTX480の「平均」のFPSと同じ値。
  • Unigine’s Heaven テッセレーションはRadeon HD5000シリーズの大きな弱点の一つであった。
  • Geforce GTX400はテッセレーションでは非常に良いスコアをたたき出す。GTX480はHD5870に比べ75%も早い。
  • Unigine’s Heavenの1920×1200 4xAA Extreme設定ではGTX480は900+、HD5870は500+のスコア。
  • だがRadeon HD6870は驚異の922のスコアである。
  • だが前述二つのGPUのスコアはUnigine’s Heaven 2.0で、HD6870はUnigine’s Heaven 2.1である。
  • AMDは真剣にテッセレーションの性能を克服している。
  • もしこれらの数字が本当なら、一般的な予想の範囲を超える。
  • Radeon HD6870はシングルGPUで最速に位置するが、AMDの戦略はスモールダイサイズ/デュアルGPUなのである。
  • すべてのスクリーンショットはPCinlife(※中文)にある。

—-

AMD、GPU関連ではIntelとnVidiaに対して容赦ないなw

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxで運用中のRAID6ユニットが3つ以上Faultした。その後復旧。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxで運用中のRAID6のデバイスが3つ以上Faultしてしまい動作しなくなくなった。

  • まず mdadm -QE  -scan を実行してmetadataから読み出しが可能か確認。なおハードディスクは10台でRAID6構築。
  • 読み出しはOKだが、mdadm –run /dev/md0 ではInput/Output Errorと表示されて動作しない。
  • cat /proc/mdstat でも/dev/md0は表示されない。
  • mdadm -A /dev/md0 -u UUID値 –run –force で強制的に動作させてもダメ。
  • mdadm -A /dev/md0 /dev/sd[klmnopqrst]1 で更に強制的に動作させても、3つ以上のユニットデバイスがremoved状態で一つがspare状態で復旧しない。
  • 基本に戻って https://raid.wiki.kernel.org/index.php/Linux_Raid を読み直す。
  • https://raid.wiki.kernel.org/index.php/RAID_Recovery に記載されている「Don’t Panic」を心に刻むw
  • https://raid.wiki.kernel.org/index.php/Reconstruction に記載されているmdstat –assemble –force /dev/md0 を実行。
  • すると、cat /proc/mdstat で/dev/md0の情報が表示された。
  • どうやら3つのブロックデバイスが removedになって再構築ができない様だ。
  • 3wareの3dm2をつかってハードディスクの情報をsudo tw_cli /cX showで表示すると4つのデバイスが「Not Presents」と表示されている。どうやらケーブル関連のようだ
  • マシンを停止して、ハードディスクとRAIDボードのケーブルをいくつか交換する。
  • 再起動するとこれまで通り/dev/md0は動作しない。
  • そして mdadm –assemble –force /dev/md0 を打ち込むと、なんとcat /proc/mdstatで/dev/md0デバイスがactiveとなり、Recovery(復旧)モードになった。
  • そのまま現在Recoveryモードで復旧中。
  • なおmountでちゃんとマウントOKである。

これにて復旧終了。3時間かかった。Recovery完了までは5日程度で完了予定。