うわさ nVidia Geforce GTS450のスペックが明らかに…? by Fudzilla

fudzilla.com  Friday, 27 August 2010 10:33 Nvidia’s GTS 450 gets fully spec’d Written by Slobodan Simic より。

うわさ nVidia Geforce GTS450のスペックが明らかに…? by Fudzilla

概要として、

  • nVidia Geforce GTS450はGF106アーキテクチャ。
  • 192CUDAコア及び789MHzGPUクロックである。
  • メモリはGDDR5の1566MHz駆動で128bit接続で1GB搭載。
  • DirectX11をサポートし、nVidia独自技術へも対応(CUDA,PhysX)
  • TSMCの40nmプロセス製造される。
  • 競合製品はAMD Radeon HD5700シリーズ。

—-
今更感漂うGTS450だが、多少発熱が激しくてもこれからの季節は涼しくなるから問題は少ないかも。

既にRadeon HD6000の方に興味が移っているし。

うわさ ZFSのNative Linux moduleをインドの会社が2010年9月にリリースする?

phoronix.com Native ZFS Is Coming To Linux Next Month Published on August 27, 2010 Written by Michael Larabel より。

概要として、

  • Sun microsystems(現Oracle)がSolaris用に開発していたZFSが来月にはLinuxでNativeで動作するかも。
  • ZFSはSolarisの他に、OpenSolaris FreeBSD NetBSDにCDDLライセンスで提供されている。
  • だが、CDDLはLinuxカーネルのGNU GPLと相容れないためmainline kernelに統合はできなかった。
  • だけど2010年9月にはZFS moduleとしてFUSE無しで公にリリースされるだろう。
  • FUSEはユーザサイドでファイルシステムを動作させる際に有用で、既にZFS on FUSEがLinux向けに提供されている。
  • だがZFS on FUSEは性能面でどうしても劣ってしまう。
  • ちなみにアメリカのローレンスリバモア国立研究所ではLinuxのZFS Naitve実装されたポートがあるが、オープンソースではない。
  • KQ Infotechというインドの会社がNative ZFS Linux moduleを開発している。
  • このKQ InfotechはCDDLのZFSコードを単純にLinuxに移植している。
  • まだOracleからは法的な面の追求は行なっていない様。
  • ローレンスリバモア国立研究所のポートとは異なり、KQ InfotechのZFSバージョンは、ZFS Pool 18である。これはdeduplicationサポートなどは無い。
  • KQ Infotechはまた2010年9月15日前後にソースコードをリリースするとしている。
  • 対応バージョンは64bitのみ。Fedra12及びRed Hat Enterprise Linux 6 Beta 2向けのRPMも提供する。
  • Ubuntu Linux 10.04 LTSもサポートされるが、カーネルのコンパイルから始める必要がある。
  • 最後にZFSをLinux moduleで動作させることは法的に衝突する運命であり、使用に制限がある。KQ Infotechのソースはディストリビューションベンダーには採用されないだろう。
  • KQ Infotechには新しいZFS Pool 21以上に対応させるかどうかはっきりとしない。
  • 数年後にはBtrFS(Oracle開発)などのZFSと競合する次世代ファイルシステムが登場するだろう。

—-
危なくて使えねぇ…。

うわさ AMD Radeon HD6870の3DMark Vantageのベンチマークがリークした?

vr-zone.com Alleged ATI Radeon HD 6870 3DMark Vantage Benchmark leaked Published on Friday, August 27 2010 1:58 pm by Sub より。

うわさ AMD Radeon HD6870の3DMark Vantageのベンチマークがリークした?

概要として、

  • GPU-Zの表示は HD6870である。
  • 3DMark VantageのRadeon HD6870のスコアは X11963。
  • Geforce GTX480はX10000以下。
  • Radeon HD5870はX9000ぐらい。
  • GPU-ZではGPU IDは6178。この事からコードネームは「Cayman XT」かも。
  • あくまでもうわさレベルだから。

—-

私の勝手な妄想では、すでにHD6000シリーズはカードベンダーやゲームディベロッパーにES品が配布されていると考えているが、そろそろHD6000シリーズのリーク情報が出回るだろうか。