USB3.0の規格に準拠しないFresco製チップ採用のAsrockマザーボードが出回る 訂正 2010年8月25日

monoist.atmarkit.co.jp 普及目前USB 3.0に暗雲? 下位互換性ない未認証品出回る より。

簡単に言うと、

うわさ AMD次世代チップセットのUSB3.0実装はルネサステクノロジーのライセンスを受けるかもにこのことに関連する話が出ている。Frescoはソフトウエアスタック部に問題を抱えているとのこと。あとAsrock、変態なのは認めるから自重しろw

訂正 2010年8月25日

コメントで指摘のありましたUSB3.0の記述をja.wikipedia.orgの内容からルネサスエレクトロニクスの製品ページを参照し訂正しました。

参考書籍: CQ出版社 Interface 2010年3月号

広告
コメントする

2件のコメント

  1. とおりすがり

     /  2010年8月25日

    ロゴが青くて内側が黒い会社でxHCやってるものです。(笑)

    >拡張され4つの転送モードをサポートしないといけない複雑なもの。

    ソフトウェアスタック的にはOHCI/UHCI/EHCIの仕様を統合して、USB3.0の規格を追加したものがxHCIです。

    Wikiはあまり信用しないほうがよいかと・・・
    詳しくはInterface 2010年3月号を参照されるといいと思います。

    とおりすがりでした。
    googleアラートに引っかかってたもんで・・・

    返信する
    • ご指摘ありがとうございます。
      本業の方でしたか。参照書籍のInterface2010年3月号を既に注文しました。
      USB3.0と従来のUSB2.0/1.1では物理層の段階で仕組みが異なると言うことですね。
      本文も修正しておきます。

      (会社に関する情報が具体的すぎますがw)

      返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。