IntelのSoC・サーバ関連主席研究員のDonald Newell氏をAMDのバイスプレジデント及びCTOに任命する。

xbitlabs.com AMD Appoints Ex-Intel Veteran as Server Chief Technology Officer. Ex-Intel Executive to Define AMD’s Server Roadmap [08/23/2010 06:37 AM] by Anton Shilov より。

AMDは前IntelのベテランをサーバCTOに任命する。

前のIntel幹部がAMDのサーバロードマップを決定する

by Anton Shilov

2010年8月23日

AMDは2010年8月23日月曜日にDonald Newellをヴァイスプレジデントおよびサーバビジネス部門のチーフテクノロジーオフィサー(CTO)として任命すると発表した。Donald NewelはAMDのサーバ向け製品のロードマップを決定する手助けを行ない、シニアバイスプレジデントおよびAMD製品グループのジェネラルマネージャであるRick Bergmanの部下となる。

「Don Newellはシーダーシップスキル、エンジニアリング及び設計の専門分野そして戦略の方向性を力強く結合させることとができる。私たちは幸運にも2011年ローンチを予定している私たちAMDのOpteronプロセッサである『Bulldozer』コアを出荷する準備を行う際にDon Newellを役職にそえることが出来た。』とBergman氏は述べた。

AMDのサーバCTOとして、Newell氏は現在の状況や長期のサーバ需要やトレンドを基にAMDの長期サーバーロードマップの構想及び定義付けを行う能力がある。彼は複数の世界規模のチームを率い、並行して他のAMD設計及び開発チームと設計から市場供給までの段階の流れに成功を保証する仕事を行う。

彼の16年間のIntelでの仕事の間、Newellはクラウドコンピューティングからハンドヘルドデバイスに及ぶ広大な範囲のSoCおよびサーバプラットフォームアーキテクチャ革新を率いてきた。NewellはまたI/Oアクセラレーション技術(IOAT)を初期の調査から製品の一片までを着手から駆動させるまで行ない、ヘテロジニアスコンピューティングの詳細なアーキテクチャを開発し、PC業界で最初のデジタルTV受信機を提供する能力がある。彼は彼のチームと共にキャッシュQoSやネットワークプロトコル制御のような先進的な論文を発表したことがある。Newell氏は60以上もの論文誌のピアレビュー(※査読)を行なっており、インターネット上での動画転送について記述されているIETF RFC2429の共同執筆者でもある。Intelに所属するのに先立って、彼はDatanex Softwareの最初のソフトウエアエンジニアであり、最近までSequent Computersに所属していた。Newellはオレゴン州率大学の科学学士を受け取った。

20以上の特許を取得している際立ったエンジニアであるNewell氏はAMDの所属する前にIntelの研究所でSoC及びデータセンターネットワークアーキテクチャグループのシニア主席エンジニアに席を置いていた。

—-

IntelといいnVidiaといい流出した人材の受け皿だな、AMDは。これでOpteron関連の出荷問題などを解決に導ければ経営も安定していくだろう。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。