Flashのオープンソースクローン「Gnash 0.8.8」でYoutubeの動画再生やVAAPIに対応

sourceforge.jp YouTubeへの完全対応をうたうオープンソースのFlash実装「Gnash 0.8.8」リリース 2010年08月24日 12:48 より。

主な特徴は下記の通り。

  • Flashのオープンソースクローンである「Gnash 0.8.8」でYoutubeの動画再生
  • swf形式のコンテンツの再生が可能。
  • ライセンスはGPLv3
  • 動画再生形式はYoutubeに完全対応し、Flashが対応するすべての動画が再生可能。
  • 対応OSはGNU/Linux、組み込み系GNU/Linux、BSDなど。
  • x86, ARM, MIPS, PowerPC, 及び64bitアーキテクチャCPUに対応。
  • 対応ブラウザはFirefoxなどのGeckoエンジンブラウザ、Google Chrome、Konqueror、
  • VAAPIに対応したハードウエア動画再生支援機能が利用可能。Intel、nVidiaやAMDのGPUに搭載されている動画再生支援機能などが対象。
  • 再生レンダリングランタイムエンジンを切替可能。OpenGLやCairo、AGG等複数。
  • FFmpegとGStreamerのメディアハンドラの切り替えに対応。
  • ブラウザのJavascriptやActioncriptと連携可能。
  • 内部依存性を減らしコンパイル速度が向上、またraw framebufferを利用したインプットデバイスの速度向上。

Gnash Project http://gnashdev.org/

「Gnash 0.8.8」のダウンロードはこちらから http://www.getgnash.org/

CPUアーキテクチャが複数利用できるのは良い点かと。

広告
コメントする

1件のコメント

  1. Adobe FlashのLinux 64bitサポートが再開されるが再生支援機能は使えず – フリーのGnashとLightsparkは絶賛対応中 « PCハードウエアとLinux情報 Leddownのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。