Linux等でWindowsソフトウエアを動作させるWine1.3.1がリリースされる。

wine-reviews.net Wine 1.3.1 Released Written by Tom Wickline Friday, 20 August 2010 14:24 より。

Linux等でWindowsソフトウエアを動作させるWine1.3.1がリリースされた。

新しい機能は以下の通り。

  • X11とOLEの間でドラッグ&ドロップ機能のサポート
  • ipconfig.exeの新規組み込み。
  • Internet Explorerのお気に入りの機能組み込みサポート
  • Explorerコントロールシェル動作開始
  • いくつかのDirectDrawコードのクリーンアップ
  • カレンダーコントロールの改良
  • 複数のバグ修正

修正されたバグはリンク先を参照。ダウンロードはwinehq.orgのこちらから。

特に目を引く機能はX11とOLEのドラッグ&ドロップかと。最近のWindows向けユーティリティプログラムはExplorerからのD&Dインターフェースを多用する傾向があるので、Ubuntu LinuxならばNautilusからD&Dで動作するかもしれない。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。