AMDのサーバ向けCPU市場シェアが下落する : 最新のOpteron6000シリーズ出荷遅延により

The Inquire Intel grabs some of AMD’s server share It wasn’t using that, it seems By Ed Berridge Thu Aug 19 2010, 10:14 より。

概要として、

  • IDCによると、サーバ市場におけるシェア率についてIntelはAMDからいくらか奪還した。
  • すべての原因は、AMDが最新のOpteron6000シリーズの出荷速度が遅いということと、Intelのチップの方がearly adopters(※マーケティング用語。初期採用者)に先に製品を届けられたから。
  • Intelは2010年第2四半期で93.5%のサーバプロセッサ市場のシェアを獲得し、去年の同時期の89.9%に比べて上昇した。
  • それに応じてAMDの市場シェアは10.1%から6.5%に滑り落ちた。
  • AMDが第1四半期から第2四半期にかけて市場シェアを失った理由のほとんどはAMDの新しいOpteron6000シリーズを素早く出荷できなかったことである。
  • IDCはAMDがそれらの出荷問題が過去にも起きているという。
  • AMDはサーバ、デスクトップ、モバイル向けを含む巨大なx86アーキテクチャプロセッサ市場をつかんでいるが、市場全体でのプロセッサ出荷数はは2010年の第1四半期から第2四半期にかけて18.8%から19.0%に上昇した。
  • あなたはほんの少しだけAMDのノートPC向けチップ出荷により2010年第1四半期の12.1%から第2四半期の13.7%への上昇分があると見て取れるだろう。その間Intelの市場シェアは87.8%から86.1%へ下落した。
  • 最後にIDCはIntelはデスクトップ向けチップの市場シェアが第1四半期から0.5%上昇し72.2%となったと発表した。

—-

いつものAMD。どうしてもIntelに生産設備規模に対抗できないため商機を逃すというK6-IIIなど過去にもあった状況。CPU市場全体ではAMDが少しだけシェアを増加させたニュースが先日流れていたが、ノートPC向けでシェアをとったらサーバ向けでシェアを落とすというシーソーゲームのようだ。まさにIntelにとって生かさず殺さず。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。