うわさ AMDの次世代デュアルGPUフラッグシップモデルが2010年中に登場する?

vr-zone.com [Rumour] Next-gen ATI dual-GPU flagship in 2010 Published on Friday, August 20 2010 7:56 pm by Sub より。

うわさ AMDの次世代デュアルGPUフラッグシップモデルが2010年中に登場する?

by Sub

2010年8月20日

AMDのダイサイズ最適化/デュアルコアGPU戦略はここ3世代以上に渡り成功をもたらし、この戦略がAMDの次世代GPUである「Southern Islands」で変更されるということは全く無い。FudzillaはAMDのRadeon HD5970に取っ手変わる予定のデュアルコアGPUが2010年中にリリースされるとしている。

慣例として、シングルコアGPUのパフォーマンス製品が最初にリリースされると予想されており、それにデュアルコアGPUとその派生製品がそれに続くとしている。うわさは最初の「Southern Islands」GPU製品が2010年の10月〜11月にリリースされると強く主張しており、それは高性能デュアルコアGPUがその後すぐにリリースされるとしている。

「Southern Islands」は劇的な性能改善は行われることは予想されていない。これは驚きでも何でもなく、たった一つの理由を上げるとすれば、「Southern Islands」ではTSMCの32nmプロセス製造がキャンセルされ、更に次の世代の「Northern Islands」が28nmプロセスに移行したことによるものである。それ故「Southern Islands」は中間世代になると予想されている – 現行世代「Evergreen」HD5000シリーズと「Northern Islands」の橋渡しとして。「Southern Islands」はRadeon HD5000製品や Geforce GTX400製品と同じTSMCの40nmプロセスで生産される予定である。

だけれども、AMDがいまだnVidiaの最新のGF10X製品群よりも性能・価格・ダイサイズに対して優位に立っている現状では多分劇的な性能向上は重要ではない。

nVidiaが未だにGeforce GTX400シリーズを揃え終わるために作業している間、AMDの「Southern Islands」に対して戦いを挑む計画は不明である。より一層の価格カットはありえなく、nVidiaは既に旧世代チップやHD5000シリーズより高価な製品に対してこの戦略を活用している。28nmプロセスは未だ先が見えない中、nVidiaは40nmプロセスで製造される新しいチップを活用するか28nmプロセスが利用できる2011年まで持ちこたえるか選択を迫られるであろう。

参照元:Fudzilla

—-

AMDの「Southern Islands」に対抗できる製品をnVidiaが出せるのかどうかと言うことか。

おっと書き忘れていた。この記事はFudzillaの飛ばし記事に対してvr-zoneが分析しているという内容。

AMDは3DNow!使用サポートを終了する。

xbitlabs.com AMD Drops Support of 3DNow! Instructions.AMD’s Future Chips Will Not Support 3DNow! [08/19/2010 11:20 PM] by Anton Shilov より。

AMDは3DNow!使用サポートを終了する。

AMDの今後のチップでは3DNow!はサポートしない。

by Anton Shilov

2010年8月19日

AMDはK6-2の時代までさかのぼって、単一命令複数データストリームコマンド(SIMD)か他のベクトル化命令とし知られとして機能する「3DNow!」を導入した。その「3DNow!」は浮動小数点演算の性能を大幅に改善する予定であったが、数多くのプログラムが実際に活用することなかった。結果として、10年の時を経てAMDはそのコンセントを抜き、将来のチップで「3DNow!」をサポートしないことをに決定した。

「(3DNow!の命令まで)私たちは広く使われているストリーミングSIMD拡張命令(SSE)およびその連続したバージョンなど多くのSIMDコマンド群を自身のプロセッサに実装した。『3DNow!』命令は廃止され、これから登場するAMDのプロセッサでは確実にサポートされないだろう。それらのプロセッサでは、『3DNow!』命令用フラグビットはセットされない。」とシニアディベロッパリレーションズエンジニアのSharon Troiaは記載している(※英文)。

「3DNow!」命令が開発された同じ時代を見てみると、もしプロセッサが命令もしくは命令群をサポートしているのなら、プログラマたちはチェックのため試行錯誤のモデルを利用した。これはアプリケーションはもし命令を実行することが可能なら、実行できるかを試す。もしアプリケーションがプロセッサから例外処理(#UD)を受け取ったら、その命令は実行不可能であると信じている。これらのタイプのアプリケーションは新しい仮想マシンの元ではうまくする動作させることができないだろう。それは他のブログで記述されている。

PREFETCHとPREFETCHW命令のある「3DNow!」バージョンは現在彼ら自身によって分類され、AMDはそれらのサポートを継続する計画である。

それはメインストリームアプリケーションがSSEパスのように「3DNow!」ではないコードを使用すると観るのが最もありえることである。

—-

当初AMDの3DNow!K6-2で登場した際に、IntelはまだMMXのみで整数演算のみのSIMDコマンドだった。そのためmp3エンコーダ「lame」を3DNow!命令を利用し高速化した「午後のこ〜だ」をその当時使っていたな。

Cyrixなど他社にも導入され先進性があったが、仮想マシン技術が普及するにつれ独自実装のコマンドは使いにくくなっているのか。一時代が終わろうとしている。

更新 2010年8月22日

AMD 公式ブログ All of AMDへのリンク 3DNow! instruction are Being Deprecated(※英文)

Ubunu Linux 10.04 Lucid LynxのLinuxカーネルのセキュリティアップデート2.6.32-24.41がきた

Ubunu Linux 10.04 Lucid LynxのLinuxカーネルのセキュリティアップデート2.6.32-24.39が、アップデートマネージャで2.6-32-24.41にアップデート可能。

その他xorg-edgersのxserver-xorg-video-radeonやmesa-driなどもアップデートが来ている。