うわさ nVidiaがx86チップを発表する…?

semiaccurate.com Nvidia announces x86 chip We told you so… by Charlie Demerjian August 17, 2010 より。

概要として、

  • nVidiaがMorgan Stanley conferenceでx86チップをアナウンスしたそうだが情報のソースが見当たらない。
  • The Inquireからの情報だがよく判らない。
  • とにかく何も確実なことは判らない。

それでわかったことは、

semiaccurate.com Details emerge about Nvidia’s x86 CPU Details, lawyers, and execution by Charlie Demerjian August 17, 2010 より。

  • どうやら正体は「T50」こと「Tegra 5」らしい。
  • Tegra 5はARM A9CPUアーキテクチャだが、x86アーキテクチャを動作させる場合、技術的な点と法的な点で問題がある。
  • 技術的な問題点は、ARM A9は低消費電力のIntel ATOMクラスの演算能力だが、Transmetaのコードモーフィングを利用して期待される性能は得られるのか。
  • 法的な問題点としては、AMDやVIAはガチガチにx86アーキテクチャの基本的な特許を持っている。
  • さらに先日のIntelとFTCとの和解文章では、「x86アーキテクチャ互換マイクロプロセッサの製造に関する交渉をすることを認めているが、エミュレーションを含む非互換のマイクロプロセッサにx86アーキテクチャを動作させることを除いている」事が明記されており、実際には難しいのでは?

—-

斜め読み失礼。個人的にはnVidiaのx86互換チップは楽しみである。

今日香港からDVI-Dケーブルが届いたが…

今日8月18日、家に戻ると香港から注文していたDVI-Dケーブルがエアメールで届いていた

注文日は8月3日。ということで注文日を入れて16日で到着したことになる。

早速Dell D2711液晶モニタに接続したが…

  • マザーボード : Jetway MA3-79GDG COMBO/D
  • CPU : AMD PhenomII X4 955
  • GPU : Radeon HD4850
  • メモリ : DDR3-10600 2GB×2
  • OS : Microsoft Windows Vista Professional 32bit

だが、U2711×Radeon HD4850で2560x1440pixelsの解像度にすると画面全体にドットノイズは表示され、そのドットが時間経過と共に様々な色に変化して見づらいことこの上ない。解像度を1920x1200pixelsにすると正常に表示される。なおVGAでは2048x1156pixelsまでちゃんと出る。

まあ600円のDVI-Dケーブルではそんなものかと。ちゃんとしたケーブルを近くのショップに買いに行こう…。

更新 2010年8月19日

近くのPCショップで、Elecom デュアルリンク対応でWQXGA(解像度:2560×1600dpi)対応DVIデュアルリンク対応ケーブル(3m)(※アフェリエイトリンク)を購入した。しかしたっかいなー。

通常の1920x1200pixels対応のDVI-Dケーブルとの違いは、

  • ケーブルのオスコネクタ部の色が黒ではなく白である。これはDellのモニタ付属のDVI-Dケーブルも同様であった。
  • ケーブルの太さが5mmほど太い。

そして接続。2560x1440pixelsでの接続は成功。前回の画面ノイズも表示されず快適である。