IntelがOpenCL向けSDKを年度末に発表 ただしCPUのみを利用する

hardware-infos.com Intel springt auf den OpenCL-Zug auf より。

概要は下記の通り。

  • Intelが自社製品向けにOpenCL SDKを2010年末に提供すると発表した。
  • OpenCLはKhronos Groupによって策定されたヘテロジニアスアーキテクチャ向けパラレルプログラムライブラリ
  • ヘテロジニアスシステムとは、CPU+GPUという異なるアーキテクチャシステムの組み合わせのこと。現在のPC向けCPUは、コア毎に機能に違いのないホモジニアスアーキテクチャ。
  • Intelは自社のCPU向けにAVXやSSEに対応させたOpenCL SDKを提供する。これで15%前後性能が改善する。
  • 現在IntelはCPUとGPUが連動したSDKは提供する意向は見られない。
  • だが疑問点として、Sandy BridgeのようなGPU統合型CPUでOpenCLを実行する場合はGPUの機能を活用するのだろうか?

—-

AMDはFusion APUでOpenCL環境を提供するといううわさがあるんで、Intelも時期が来たら提供はするだろうけど積極的に推進することは当面無さそう。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。