うわさ IntelのGPU統合型CPU「Sandy Bridge」向けLGA-2011「Patsburg」チップセットはちょっとした驚きがあるかも

semiaccurate.com Intel’s Patsburg chipset comes with a few unexpected surprises Many not set in stone yet by Lars-Göran Nilsson August 12, 2010 より。

IntelのPatsburgチップセットはちょっとした驚きがあるかも

by Lars-Göran Nilsson

2010年8月12日

概要は下記の通り。。

  • 「Patsburg」チップセットは、GPU統合型CPU「Sandy Bridge」LGA-2011プロセッサ用のチップセット。
  • Intelは伝統的にデスクトップ向けとサーバ向けCPU「Xeon」向けは別々に開発している。
  • だが「Patsburg」チップセットはハイエンドデスクトップ及びミドルレンジサーバ向けとして発表されるかも。
  • そしてPCI ExpressコントローラはCPU内で別チップとして移動するかも。
  • LGA-2011は現在のLGA-1155とは違い、PCI Express 3.0対応を特徴とする。
  • AMDの次世代GPU「Southern Islands」ではPCi Express 3.0に対応する。
  • Intelのストレージインターフェースは10ポート 6Gbps SAS対応SATAを予定しているが、今のところSemiAccurateは新しいチップセットでは2〜3個の6Gbps SATAポート、3GbpsのSATA6個、そして6個のSASポートがチップセット内に独立したコントローラで接続されると見ている。
  • さらにIntelは4つのメモリーコントローラを提供し、さらに「Sandy Bridge」LGA-2011ではメモリ性能が劇的に改善された新しいリングバスを採用するとのこと。
  • CPUは多分QPIバスを利用するだろう。それはLGA-1155プラットホームの2倍のバス帯域を実現するだろう。
  • このことはデスクトップ向けと1チップXeon向けと同じチップセットをIntelが使用することを想像させる。
  • 4つのメモリスロットに15個のSATA/SASコネクタをマザーボードで提供し、EATX向けとしてはメモリスロットが少ない(EATXでは8スロットが一般的)。ATXではメモリスロットは4つだろう。
  • とりあえず信頼できる筋からのうわさだからね。

—-

斜め読みしたので間違いがあるかと。

PCI Express 3.0のバス帯域を実現するためにもチップセットバスをQPIを採用する必要がある点と、メモリコントローラも帯域性能重視でリングバスを採用するかもと言う点が重要かと。メモリがリングバス接続ということでレイテンシが気になるところ。IntelのCPUとAMDのディスクリートGPUは相性が良いw。

Oracle式ビジネス手法『Oracleが「AndroidはJavaの知的所有権を侵害」とGoogleを訴える』

ITジャーナリスト星暁雄の”情報論”ノート Oracleが「AndroidはJavaの知的所有権を侵害」とGoogleを訴える より。

OracleのSun microsystems買収の目的はJava関連の一連の知的財産だったわけで、Googleを筆頭に様々な大企業ににロイヤリティ徴収を仕掛けていくわけか。

さすがOracle、DB業界で培われたビジネス手法には感服しますなw。なんかかつてのUNIX商標問題を思い起こさせるニュース。

ちなみにリンク先のブログにニュースの分析が行われているので連続して読むことをお薦めします。

追加 2010年8月15日追加

jp.techcrunch.com GoogleはOracleのパテント訴訟を根拠レスと一蹴, オープンソースいじめの悪行と呼ぶ by Jason Kincaid on 2010年8月14日 より。

Goolgeからの反論及び関係者のコメントが掲載されている。

Javaの生みの親、James Gosling曰く、

Oracleがついに、Googleに対してパテント訴訟を起こした。意外なことではない。SunとOracleの買収交 渉の席で、われわれはSunとGoogleのあいだの特許の状況について、根掘り葉掘り聞かれた。そのとき、Oracle側の弁護士の目がきらきらしてい た。特許をめぐって訴訟を起こすことは、Sunの遺伝子情報の中にはない。やれやれ…。私はこの騒動に、巻き込まれたくない。

彼らの訴件の中に私の特許は、たった一つあるだけだ(RE38,104)。

ワロタ

追加 2010年8月17日

itmedia.co.jp Google、Oracleの提訴に反撃——Androidとオープンソースを防衛へ

Googleはandroid社を買収した際に注意深くDalvik VMを検証したんだろうな。

うわさ nVidiaの携帯端末向けSystem On Chips「Tegra 3」がテープアウトしたそうだが採用する会社はあるのか?

semiaccurate.com Tegra 3 tapes out Expect the same success as the last two by Charlie Demerjian August 12, 2010 より。

nVidiaの携帯端末向けSoC(System On Chips)の「Tegra 3」がテープアウト(製造工場へ設計図を送り生産工程に入ること)したとのこと。

概要は、

  • 「Tegra 3」はT30とも呼ばれ、製品出荷は2011年中頃になると予想される。
  • 「Tegra 1」はMicrosoftのKinやZune HDで採用されたが販売終了か販売が伸び悩んでいる。
  • 「Tegra 2」はおそらくSonyのPSP2に向けて採用候補らしいが消費電力が大きい問題を解決できないままとのうわさ。価格を30ドル中頃から10~15ドルにディスカウントしているが誰も採用していない。
  • nVidia広報部はこれからも自社製品採用獲得を伝えるが、顧客からの採用キャンセルのニュースを聴き続けるだろう。

あとはいつものCharlieのようにnVidiaをディスっているw。消費電力等の大幅な改善はTegra 3以降といううわさもあるので事業としては継続する意志はある模様。ちなみにCEOのジェンスン・ファンが「Dual Core Tegra 2」というおそろしい製品のことについて語ったインタビューがある。

nVidiaの2010年第2四半期売上は第1四半期よりトータルで19%減少、GPU関連は29.5%減少。

xbitlabs.com Nvidia’s Graphics Chips and Core-Logic Revenue Drops 30% Weak Packaging Charges Continue to Hit the Company

jp.reuters.com 米エヌビディア第2四半期は赤字拡大、第3四半期は回復へ より。

概要として、

  • 2010年8月1日現在GPU関連の第2四半期売上は5億5,040万ドルで第1四半期7億8,090万ドルから29.5%の減少
  • Tesla等HPC関連とTegra・ロイヤリティ関連は増加したが、トータルでは19%の売上減少。
Nvidia Revenue Split for Q2 FY 2011 (in $ million)
Q2 FY2011 Q1 FY2011 Change
GPU Business (GeForce, IGP) $550.4 $780.9 -29.5%
Professional Solutions Business (Tesla, Quadro) $215.1 $189.7 +13.4%
Consumer Business (Tegra, royalties) $45.7 $31.2 +46.5%
Total $811.2 $1001.8 -19%

表の出典はxbitlabs.comから。

nVidiaやばいな。DirectX11対応GPUチップ出荷の遅れとライバルGPUチップの性能差がとうとう売上に影響し始めたようだ。さらに来年に向けてGPU統合型CPUがトレンドになるようだからかなり厳しいかも。