ネットでのワンクリック詐欺に合わないために手口を具体的に紹介

【注意喚起】ワンクリック請求に関する相談急増! パソコン利用者にとっての対策は、まずは手口を知ることから! 第10-02-132-3号 最終更新日:2010年8月4日 掲載日:2008年9月9日 独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC) より。

具体的なページの雰囲気を見ながら実際のワンクリック詐欺の手口を紹介している。

基本はアダルトサイトで簡単に「はい」というボタンをクリックしてはいけないという点ですな。

インテルはFTCと和解する。VIAとnVidiaは大きな勝利を収める。SemiAccurateのCharlie Demerjian氏記事パート1翻訳

semiaccurate.com Intel settles with the FTC, Via and Nvidia win big Part 1: PCI busses, fabbing, and hens with baseball bats by Charlie Demerjian August 4, 2010 より。

インテルはFTCと和解する。VIAとnVidiaは大きな勝利を収める。

パート1:PCIバス、fabbing、野球バットと一緒のめんどり

by Charlie Demerjian

2010年8月4日

Intelは語る、そして言葉はインテルのより強固でほとんど誰も気がつかないくらい微妙な力の意思表示をした。申し立てられた数多くの病的な和解は半導体の怪物にとって残酷であり、nVidiaとVIAの両方が大きな大きな勝者となる。

和解文章はFTCのページで見つけることができ、Intelに対するすべての避難のアウトラインを表す最高傑作で、それらの全てに取り組み、そして問題があったことに何も言及しないまま和解するということである。結局Intelはすべての技術文章を詮索者から遠ざけ、手錠をかけ、目隠しをして、それらの上を母面取りが泣きながら横切り、苦労して終了させた。野球バットと大量のカフェイン入りの飲み物と共に。

その罰則が厳しくなろうとしたとき、Intelはダラダラと続く議論を行ない、公開裁判事件という選択肢よりもより良い選択をした。Intelは何の悪事も働かず、冒涜的な手榴弾を投げ込む怠惰な弁護士のために開かれた扉から去ることを認められた。誰もがIntelが行なった行為のために労力を咲くべきであろう。Intelは賢い方法で解決を図り、それは明確に正しい行為と呼べる。

それで、罰則とIntelにかけられた手錠についていくつか細かく見ていこう。明白に書かれていることに加えて、私たちは若い文章のいくつかのバックグラウンドについて詳細に調査しようと試みる。それのほとんどがあれこれと最近のIntelの病的な振る舞いについてのいくつかの疑惑について直接示している。

今回の告訴のこの文章について喜びや悲しみなどIntelやnVidia、VIAや他の様々な人々の意見を取り上げてはいない。長年当事者や製品、今回の若い文章に関係する産業界みてきたことを元にした単なる著者の意見である。

■PCIバス

最初の興味深いポイントはPDFの9ページ第II章で、それはPCI Expressバスについて取り扱っている。これは少なくとも今後6年間についてすべての「メインストリームマイクロプロセッサプラットフォーム」にPCI Expressバスを含めることをIntelに要求している。Intelはそれを使うPCI Expressのバージョンのことをつつくだろうが、「様々な関連したGPUの実行や故意に性能に制限をする」だろうことについて何の実効性もない。

これはIntelにとって問題である。なぜなら興味深いx86アーキテクチャのSoC(Sillicon On Chip)群から、それらを防ぐことは難しいからである。SoCの全体のポイントは、あなたが何らかの仕事をする際に必要となるいかなる追加カードを必要とせず、それらはすべて一つのチップの上に載っていることである。これは驚くほど効率的かつコストに影響するが、今IntelはPCI Expressバスと付属ピンを含める必要があり、参照設計の沿うことが適当と思われる。デスクトップPC向けチップのためにこれはほとんど関係ないが、悪いことにAtom CPU側にとって傷ができることになる。FTCのAtomを含むメインストリーム向けマイクロプロセッサープラットフォームの定義条項にはそれらの製品ラインを傷つけるだろう。

そして再び、トラックで通り抜けるのに十分な二つの大きな穴があることがわかる。最初の穴は第II章のA項目、それはこう書かれている…「標準PCIバス」と。そして第II章B項目には「標準PCI Expressバス」と。PCI – Expressではない – は標準PCIバスである。もしIntelがnVidiaにまがい物をつかませるなら、Intelは彼らのすべてのプラットフォームにPCIバス規格バージョン1.0のピン配列を置いておくだろう。そしてnVidiaは欠落したバス帯域で首を閉められる。これは法的な文章として通じるだろう。

更新:幾人かの読者が書き込んでいるところでは、HHセクションではすべてのPCI Expressベースの規格の意味として「標準PCIバス」は定義されてることによってカバーされるとのこと。

2番目に、Intelはまがい物をつかませる必要はなく、彼らはただAtomの上にゴミのような通常の半分の帯域のPCI Express2.0リンクを提供し続けるだけである。これは現代的なGPUに古いアナログのタバコ販売機のようなマシンを動作させるのに十分なバス帯域しか提供しない。もしIntelが自分たちのプラットフォームにGPUを必要としないなら、法的文章に順守するのは容易であり、nVidiaにXXXするまでである。それを見ることは楽しいと思わないか?

噂ではIntelはnVidiaのGPUを検出し、それらの性能を縛り付けるチップセットに切り替えさせているという。GPU全てにその行為をさせることはあまりにも露骨すぎるが、性能低下は本の少しだけ水掛け論を呼び起こすだけである。これらは壊れたPCI Expressスペックで変えられるが、大量の専用機器、技術者養成と時間を費やすこと無しに提供することは基本的に不可能である。性能低下はnVidiaの泣き言であり、単純に(かつての)GPUの巨人の単なる技術力を悪さであると思われることがより妥当である。その他は今は議論の余地がある。

■ライセンスと生産について

誰が何をどこで作ることができるのかについての全ての事柄は第III章で適切に対応されている。Intelは長い年月の間、サードパーティに対して脅迫し、それらの行為に対しての疑問に対し単に答えないというビジネスのやり方に疑いがかけられてきた。
Intelは曖昧な脅迫を数多く行い、他の裁判所での同意したことについて単に語らなかった。

第III章のA項目では興味深いがつい最近までほとんど明らかにされなかったAMDとIntelのライセンス条項についてである。それは多かれ少なかれ誰かがAMDの製造工場であると言ったり、ViaもしくはnVidiaのクロスライセンス条項は条項によって特許と製品をカバーするということを話すことができるというように。舞台の背後で演じられてきたゲームは通常のビジネスの流れのように必要になる時同様にそれらの会社に話すことを許可していないようにも見える。

第III章のB項目で、より興味が楚々されることに、FTCは現在から2018年4月7日までトータルで15年間の間IntelにVIAのライセンス条項適用を延長させた。Viaは今様々な疑問が期限切れになるまで明確に販売することができ、オースティンの少年たちに大きな勝利を与えている。

第III章のC項目3でFTCは、IntelはViaがx86アーキテクチャのポーつを作ることができるかを尋ねた時必ず公開文章にする必要があると法制化した。これは「君たち全員笑顔でそこで首を立てにふってくれ」という項目であり、数々の要求に答えなかったいくつかの過去のゲームでIntelはそれは引き起こされ、質問者は法的な辺境にとばされてしまった。それは、いやかつては汚いゲームであったがなんでも言葉に技工を凝らして悪いと言う事無しに汚いゲームをすることが十分簡単になってしまった。

第III章は基本的に「あなたは良いところにいる。もし偶然うまく騙せたら恥じ入りなさい」という販売方針を引き寄せるIntelの手法を排除している。Intelがこれをすることについてではなく、それらについて尋ねるだけだが、わたしはいくつかのIntelの顧客達がIntelの社員達はそれをするだけであるということを個人的に聞いた事がある。全く異なる問題であるかどうか証明されるだろうが今はその必要はない。FTCは野球バットと一緒の母めんどりと認可したのであり、それは6個の空のRed Bull(清涼飲料水)の容器が見えている。

パート2ではは隠蔽されている販売、MCM(Multi Chip Module 最近のIntelのx86CPUで採用されているパッケージ技術)、アップルについて記述する。

—-

続きパート2は気が向いたから翻訳した。途中でxserverは落ちるはmozcはSegment Fault吐くは散々な目にあったw。

「leddownは英文記事を勝手に翻訳しただけであり、このブログ以外で宣伝行為は一切しておりません」一応ね。

GPL違反で初の米司法の元で製品販売の停止命令・「BusyBox」のGPL違反訴訟でSFLCが勝訴

sourceforge.jp 「BusyBox」のGPL違反訴訟でSFCが勝訴、裁判所が製品の販売停止を命じる 2010年08月05日 19:41 より。

GPLで違反した製品の販売停止命令は始めて。違反した企業は制裁金も支払う必要があるという。

  • 2007年SFLC(Software Freedom Law Center)が家電メーカ・ネットワーク機器メーカ各社がGNU General Public LicenseであるBusyboxを利用しているにもかかわらず義務付けられているソース公開の窓口に連絡できなかったことで訴訟に踏み切った。
  • 他14社を訴訟した結果、Westinghouseは裁判を欠席したため(ひでえ…)懲罰金9万ドル・訴訟費用4万7,000ドルを原告に支払うよう裁判所は命じた。他社についてもGPL違反を認定している。

busyboxはubuntu等でルードパーティションを読み取れなかった際にramディスクに読み込まれてUNIXの各種コマンドを一つのプログラムで実行することで大幅に容量を小さくすることが可能なユーディリティ。組み込み系の製品によく使われていたが、GPLをよく判らない担当者に業を煮やして作者がSFLCに相談を持ちかけたことが発端。

判決文章はSoftware Freedom Conservancy(※英文)にある。

Westinghouseって原発部門含めて東芝がまるごと買収している。

  • スラッシュドットにタレコむ
  • あとで読む

Software Freedom Conservancy(SFC)は8月3日、GPL v2の下で公開されているユーティリティ「BusyBox」の製品への組み込みがライセンスに違反しているとして家電メーカーらを相手取って起こしていた 訴訟で、欠席裁判で米Westinghouse Digital Electronicsに勝訴したことを報告した。