IntelがFTC(連邦取引委員会)と和解。VIAとnVidiaに勝利をもたらす…?

semiaccurate.com Intel settles with the FTC, Via and Nvidia win big Part 1: PCI busses, fabbing, and hens with baseball bats by Charlie Demerjian August 4, 2010

マイコミジャーナル Intelが連邦取引委員会と和解、競争阻害と不公正取引をめぐる訴訟 より。

簡単に概要のみを。

  • FTCとIntelの間で和解が成立した。
  • それはPCIバスなどに制限をかけることが不当競争行為に当たるということらしい。ただしPCI Express2.0では無さそう。
  • IntelのAtomや各種CPUに接続するPCIバスやPCI Expressの性能に制限をつけることを禁ずるという。
  • その結果、ディスクリートGPUカードを主力としているnVidiaは何を逃れてビジネスを続けられるということ。
  • またx86関連のIntel/AMDが所有している各種ライセンスや特許をVIAは2018年まで利用可能。その結果NanoなどのCPUビジネスは存続可能になる。
  • Intel Compilerで、Intel以外のCPUの場合最適化を行わず意図的にプログラムが遅くなるようにすることを今後止めること。

IntelはSandybridgeというAMD FusionAPUにあたるSoCを発表しているが、nVidiaが直接のビジネス上の障害に成りうるので和解は大勝利ということか。またVIAも当分はx86ビジネスを続けられるということ。AMDのCPUの件については、Intelのコンパイラで自社製品ではないものに最適化する必要はないけど、意図的に遅くするのはどうかと。Charlie氏の記事の翻訳はこちらからどうぞ。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。