うわさ nVidiaのノートPC向けGT425MはFermiアーキテクチャかG218のリネームか? 更新 2010年9月3日

semiaccurate.com Nvidia GT 425M tips up in listings GF108 or renamed G218, that is the question by Charlie Demerjian August 3, 2010 より。

うわさ nVidia GT 425Mがリストに載せられた

GF108なのかG218のリネームなのか、それが問題だ。

nVidiaは古いリネームゲームを企んでるのか、また世界で2番目に熱いGPUのローンチについてだろうか、いずれにしてもnVidiaのノートPC向けGPU GT 425Mは混沌の度合いを増したようだ。

これではDirectX10と書かれている。

これは何も言及していない。

これは特に記載はない。

最後の情報もまた曖昧だ。

手短に話すが、あなたが上記で見たように、新しいnVidia GT 425Mについてモバイル部分では1GBのGDDR3メモリとのたくさんの記述がある。ほとんど記載された内容はDirectX10デバイスか特に記載されていない様に見える。ついにDirectX11として記載されているものが一つあるが、それはまだ何の情報も書かれていない。それらすべてはAsusの新しい17インチノートPCである。

GF106は9月13日に登場する予定であり、GF108は「GF106の前に」登場する予定であったが、過去と現在の間になにかあったのか。あなたはもしこれがおろかにもGF108のカットダウンされたものであるか、またはG21xのリネーム品であるか不思議に思うべきである。GDDR3メモリ採用はそれがG21xであることを示唆しており、GF10x製品はGDDR5のみである。もしnVidiaがGDDR3メモリのGF10xを推進しているとしたら、それはIntelのグラフィクス性能の首元を厳しく見張っているのであろう。それはどちらかを補完するものではない。

ともかく、この世界はGPUについてあくびが出るまで長くは待たない。最新のFermiチップから出た熱であなたの足が焼かれて「ひーっ」と叫んでひどくがっかりさせられることに備えよう。

—-

Charlie曰く、FermiアーキテクチャのノートPCだとしたらどんだけ熱いんだよ!?ということかと。そうじゃなくてもすでにDirectX11でのモバイル向けGPUを消費者は求めているが、どうやらAMD/ATIのみが製品を供給できそうだ。Intelもあの性能ではねえ。

更新 2010年9月3日

nVidiaのノートPC向けGPU Geforce 400Mシリーズが登場した。最上位GPUである480Mの消費電力は100Wとのこと。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。