うわさ ASUSのGeforce GTS450のボード・パッケージ写真が出回る? by Fudzilla

vr-zone.com NVIDIA GeForce GTS 450 Pictured Published on Monday, August 30 2010 7:02 pm by Sub より。

概要として、

  • nVidia Geforce GTS450の写真がブルガリアのオンラインショップlskamPC.comに一瞬だけ登場し削除された。
  • だがFudzillaが幸運にもその画像を保存していた。
  • 価は130ドル前後。
  • このカードはAsusオリジナルのDirectCUクーラ搭載である。

  • なおGTS450の消費電力は125Wらしい。
  • 競合相手のAMD Radeon HD5750は86W、HD5770は102Wである。
  • とりあえずGTS450は9月13日リリースらしいが、もう既にHD6700シリーズは10月か11月にリリースされるという噂である。

参照元 Fudzilla
—-
相変わらず発熱量は競合相手より上回っている。nVidia、AMDに対してGPU製品世代の2周遅れ確定ですか?

広告

うわさ Radeon HD6870はシングルGPU最速のベンチマークスコアをたたき出す?

vr-zone.com More Radeon HD 6870 Benchmarks Leaked Published on Monday, August 30 2010 12:30 am by Sub より。

概要として、

  • Radeon HD6870のベンチマーク情報が追加で中国のサイトから流れた。
  • 前回の3DMark VantageのスコアはX12092とデュアルGPUのRadeon HD5970に近いスコアであった。
  • パフォーマンススコアはP24499とnVidia Geforce GTX480より20%高い。
  • 今回はCrysisと Unigine’s Heaven Benchmarkの二つのスコア。
  • CrysisはVery High設定で1980×1200 4xAAでは29.57〜43.55FPS。IQ設定もHighの状態。
  • Radeon HD6870の「最低」のFPSはRadeon HD5870やGeforce GTX480の「平均」のFPSと同じ値。
  • Unigine’s Heaven テッセレーションはRadeon HD5000シリーズの大きな弱点の一つであった。
  • Geforce GTX400はテッセレーションでは非常に良いスコアをたたき出す。GTX480はHD5870に比べ75%も早い。
  • Unigine’s Heavenの1920×1200 4xAA Extreme設定ではGTX480は900+、HD5870は500+のスコア。
  • だがRadeon HD6870は驚異の922のスコアである。
  • だが前述二つのGPUのスコアはUnigine’s Heaven 2.0で、HD6870はUnigine’s Heaven 2.1である。
  • AMDは真剣にテッセレーションの性能を克服している。
  • もしこれらの数字が本当なら、一般的な予想の範囲を超える。
  • Radeon HD6870はシングルGPUで最速に位置するが、AMDの戦略はスモールダイサイズ/デュアルGPUなのである。
  • すべてのスクリーンショットはPCinlife(※中文)にある。

—-

AMD、GPU関連ではIntelとnVidiaに対して容赦ないなw

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxで運用中のRAID6ユニットが3つ以上Faultした。その後復旧。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxで運用中のRAID6のデバイスが3つ以上Faultしてしまい動作しなくなくなった。

  • まず mdadm -QE  -scan を実行してmetadataから読み出しが可能か確認。なおハードディスクは10台でRAID6構築。
  • 読み出しはOKだが、mdadm –run /dev/md0 ではInput/Output Errorと表示されて動作しない。
  • cat /proc/mdstat でも/dev/md0は表示されない。
  • mdadm -A /dev/md0 -u UUID値 –run –force で強制的に動作させてもダメ。
  • mdadm -A /dev/md0 /dev/sd[klmnopqrst]1 で更に強制的に動作させても、3つ以上のユニットデバイスがremoved状態で一つがspare状態で復旧しない。
  • 基本に戻って https://raid.wiki.kernel.org/index.php/Linux_Raid を読み直す。
  • https://raid.wiki.kernel.org/index.php/RAID_Recovery に記載されている「Don’t Panic」を心に刻むw
  • https://raid.wiki.kernel.org/index.php/Reconstruction に記載されているmdstat –assemble –force /dev/md0 を実行。
  • すると、cat /proc/mdstat で/dev/md0の情報が表示された。
  • どうやら3つのブロックデバイスが removedになって再構築ができない様だ。
  • 3wareの3dm2をつかってハードディスクの情報をsudo tw_cli /cX showで表示すると4つのデバイスが「Not Presents」と表示されている。どうやらケーブル関連のようだ
  • マシンを停止して、ハードディスクとRAIDボードのケーブルをいくつか交換する。
  • 再起動するとこれまで通り/dev/md0は動作しない。
  • そして mdadm –assemble –force /dev/md0 を打ち込むと、なんとcat /proc/mdstatで/dev/md0デバイスがactiveとなり、Recovery(復旧)モードになった。
  • そのまま現在Recoveryモードで復旧中。
  • なおmountでちゃんとマウントOKである。

これにて復旧終了。3時間かかった。Recovery完了までは5日程度で完了予定。

うわさ AMDのVision・FusionブランディングにATIを統合させるためATIブランドが消える?

vr-zone.com [Rumour] AMD to phase out “ATI” logo from Radeon cards Published on Sunday, August 29 2010 2:30 pm by Sub より。

うわさ AMDが「ATI」ロゴをRadeonカードからフェーズアウトさせている

先週、広くAMDがRadeon HD6000シリーズからATIロゴを外す計画を立てているという噂が広まった。AMDは以前からプロフェッショナルおよびストリームコンピューティグ向けGPU製品群からATIブランドを外し FirePro及びAMD FireStreamとしている。AMDが残しているように見える「ATI」ブランドを完全に収束させるかどうかにかかわらず人々はATIのロゴが削除された新しいロゴを見るだろう。
それは多くのATI信者がAMDによってブランドを取り除かれることを非難することは疑いようもない。だけれども、それは以外でも何でも無いが、AMDの長期戦略である「Fusion」計画とって当然の帰結である。AMDは既にGPU・CPU・チップセットを一つの会社で提供する完全なプラットフォームソリューションを推進しており、少し前から「Vision」ブランディングを推進している。「ATI」ブランドを外すことは感情的な問題はあるけれども論理的なことである。
「ATI」ロゴは確実に取り除かれるだろう。そして私たちはAMDが彼らの製品ラインナップに「ATI」の文字をいくつか継続して使用することができると願うだろう。だけれども、私たちはAMDの「Fusion」計画に寄り合致するものとして受け入れるべきである。

—-

まあAMDのATI買収から時間もかなり経ったことだし、マーケティング的に統合していくことはいいことかと。

これからIntelはゲーム向けPCのGPUとしてこれからも「ATI」として呼ぶんだろうな。

うわさ nVidia Geforce GTS450のスペックが明らかに…? by Fudzilla

fudzilla.com  Friday, 27 August 2010 10:33 Nvidia’s GTS 450 gets fully spec’d Written by Slobodan Simic より。

うわさ nVidia Geforce GTS450のスペックが明らかに…? by Fudzilla

概要として、

  • nVidia Geforce GTS450はGF106アーキテクチャ。
  • 192CUDAコア及び789MHzGPUクロックである。
  • メモリはGDDR5の1566MHz駆動で128bit接続で1GB搭載。
  • DirectX11をサポートし、nVidia独自技術へも対応(CUDA,PhysX)
  • TSMCの40nmプロセス製造される。
  • 競合製品はAMD Radeon HD5700シリーズ。

—-
今更感漂うGTS450だが、多少発熱が激しくてもこれからの季節は涼しくなるから問題は少ないかも。

既にRadeon HD6000の方に興味が移っているし。

うわさ ZFSのNative Linux moduleをインドの会社が2010年9月にリリースする?

phoronix.com Native ZFS Is Coming To Linux Next Month Published on August 27, 2010 Written by Michael Larabel より。

概要として、

  • Sun microsystems(現Oracle)がSolaris用に開発していたZFSが来月にはLinuxでNativeで動作するかも。
  • ZFSはSolarisの他に、OpenSolaris FreeBSD NetBSDにCDDLライセンスで提供されている。
  • だが、CDDLはLinuxカーネルのGNU GPLと相容れないためmainline kernelに統合はできなかった。
  • だけど2010年9月にはZFS moduleとしてFUSE無しで公にリリースされるだろう。
  • FUSEはユーザサイドでファイルシステムを動作させる際に有用で、既にZFS on FUSEがLinux向けに提供されている。
  • だがZFS on FUSEは性能面でどうしても劣ってしまう。
  • ちなみにアメリカのローレンスリバモア国立研究所ではLinuxのZFS Naitve実装されたポートがあるが、オープンソースではない。
  • KQ Infotechというインドの会社がNative ZFS Linux moduleを開発している。
  • このKQ InfotechはCDDLのZFSコードを単純にLinuxに移植している。
  • まだOracleからは法的な面の追求は行なっていない様。
  • ローレンスリバモア国立研究所のポートとは異なり、KQ InfotechのZFSバージョンは、ZFS Pool 18である。これはdeduplicationサポートなどは無い。
  • KQ Infotechはまた2010年9月15日前後にソースコードをリリースするとしている。
  • 対応バージョンは64bitのみ。Fedra12及びRed Hat Enterprise Linux 6 Beta 2向けのRPMも提供する。
  • Ubuntu Linux 10.04 LTSもサポートされるが、カーネルのコンパイルから始める必要がある。
  • 最後にZFSをLinux moduleで動作させることは法的に衝突する運命であり、使用に制限がある。KQ Infotechのソースはディストリビューションベンダーには採用されないだろう。
  • KQ Infotechには新しいZFS Pool 21以上に対応させるかどうかはっきりとしない。
  • 数年後にはBtrFS(Oracle開発)などのZFSと競合する次世代ファイルシステムが登場するだろう。

—-
危なくて使えねぇ…。

うわさ AMD Radeon HD6870の3DMark Vantageのベンチマークがリークした?

vr-zone.com Alleged ATI Radeon HD 6870 3DMark Vantage Benchmark leaked Published on Friday, August 27 2010 1:58 pm by Sub より。

うわさ AMD Radeon HD6870の3DMark Vantageのベンチマークがリークした?

概要として、

  • GPU-Zの表示は HD6870である。
  • 3DMark VantageのRadeon HD6870のスコアは X11963。
  • Geforce GTX480はX10000以下。
  • Radeon HD5870はX9000ぐらい。
  • GPU-ZではGPU IDは6178。この事からコードネームは「Cayman XT」かも。
  • あくまでもうわさレベルだから。

—-

私の勝手な妄想では、すでにHD6000シリーズはカードベンダーやゲームディベロッパーにES品が配布されていると考えているが、そろそろHD6000シリーズのリーク情報が出回るだろうか。

AMD/ATI デバイスドライバCatalyst10.8に次世代GPU「Southern Islands」のコードネームが記載されている。

ATI Southern Islands codenames spotted in Catalyst 10.8 Published on Thursday, August 26 2010 1:48 pm by Sub より。

AMD/ATI デバイスドライバCatalyst10.8に次世代GPU「Southern Islands」のコードネームが記載されている。

AMDの最新ドライバCatalyst10.8がリリースされ、大量の性能向上を提供し、最新のブラウザに搭載されている3D表示を行うライブラリWebGLアクセラレーションで使用されるOpenGL ES2.0など新しい機能が提供されている。だけれどもCatalyst10.8にはまたいくつかの新しいコードネーム群がリストされており、それは次世代GPU「Southern Islands」製品に言及していると観るのが最も適切である。大変興味深いことに、すべてのコードネームには接頭辞として「NI」が使われており、次次世代GPU「Northern Islands」を思わせる。いくつかの暴露されたコードネームは「Cayman」「Antilles」「Blackcomb」である。
以下にそのリストを記載する。

223,CAYMAN GL XT (6700),NI CAYMAN
224,CAYMAN GL XT (6701),NI CAYMAN
225,CAYMAN GL XT (6702),NI CAYMAN
226,CAYMAN GL XT (6703),NI CAYMAN
227,CAYMAN GL PRO (6704),NI CAYMAN
228,CAYMAN GL PRO (6705),NI CAYMAN
229,CAYMAN GL (6706),NI CAYMAN
230,CAYMAN GL LE (6707),NI CAYMAN
231,CAYMAN GL (6708),NI CAYMAN
232,CAYMAN GL (6709),NI CAYMAN
233,CAYMAN XT (6718),NI CAYMAN
234,CAYMAN PRO (6719),NI CAYMAN
235,ANTILLES PRO (671C),NI CAYMAN
236,ANTILLES XT (671D),NI CAYMAN
237,BLACKCOMB XT/PRO (6720),NI BLACKCOMB
238,BLACKCOMB LP (6721),NI BLACKCOMB
239,BLACKCOMB XT/PRO Gemini (6724),NI BLACKCOMB
240,BLACKCOMB LP Gemini (6725),NI BLACKCOMB
241,BARTS GL XT (6728),NI BARTS
242,BARTS GL PRO (6729),NI BARTS
243,BARTS XT (6738),NI BARTS
244,BARTS PRO (6739),NI BARTS
245,WHISTLER XT (6740),NI WHISTLER
246,WHISTLER PRO/LP (6741),NI WHISTLER
247,WHISTLER XT/PRO Gemini (6744),NI WHISTLER
248,WHISTLER LP Gemini (6745),NI WHISTLER
249,ONEGA (6750),NI TURKS
250,TURKS XT (6758),NI TURKS
251,TURKS PRO (6759),NI TURKS
252,SEYMOUR XT/PRO (6760),NI SEYMOUR
253,SEYMOUR LP (6761),NI SEYMOUR
254,SEYMOUR XT/PRO Gemini (6764),NI SEYMOUR
255,SEYMOUR LP Gemini (6765),NI SEYMOUR
256,CAICOS GL PRO (6768),NI CAICOS
257,CASPIAN PRO (6770),NI CAICOS
258,CAICOS PRO (6779),NI CAICOS

最も多く記載されているコードネームは「Cayman」である。ほとんどは「Cayman」ベースのカードだが、接尾辞に「GL」がついており、暗に「FirePro」製品をほのめかしている。「Cayman XT」及び「Cayman Pro」が含まれているが、それはデスクトップ向け製品だと思われる。次に「Antilles Pro」及び「Antilles XT」は「Cayman」の下のクラスの製品である。それは「Cayman」のノートPC向け製品であると思われる。

次は「Blackcomb」だが、4つと6つの派生物が見て取れる。「Blackcomb XT/PRO」そして「Blackcomb LP」である。コードネームがXT、PROそしてLE(例えば、HD5870、HD5850、HD5830はCypress XT、Cypress PRO、Cypress LEと対応している)が見て取れる。LEはLPの置き換えだという可能性があるが、LPはまた「LowPower(低消費電力)」を表す。最も興味深いことは「Blackcomb」製品群と同じ「Gemini」バージョンがあることであり、それは間違いなくデュアルGPUを表している。

「Barts」は私たちがそれについて聞いたことのある別のコードネームである。それは「GL/FirePro」形式で書かれており、「Barts XT」および「Barts Pro」も同じようにはデスクトップPC及びノートPC向けである可能性がある。

次は「Whistler」である。「Blackcomb」に近く、XT/Pro、LPそしてGeminiバージョンという点は同じである。

次の下位クラスは「Turks」であり、「Onega」とも表記され、「Turks XT」「Turks PRO」である。「Seymour」は「Blackcomb」や「Whistler」と同様にXT/Pro、LP及びGeminiバージョンがある。

最後に、「Caicos」は「Caicos GL PRO」、「Caicos PRO」である。「Turks」のように「Caicos」はクラス内の2番目のコードネームである。

大量のコードネームが記載されたのはこれが初めてのことである。総合的に見て私たちは7つのサブクラスと10種類のコードネームを知った。また3つのコードネームはデュアルGPUを表しており、それは一つ以上であると推測される(一つはデスクトップPC向け、一つはノートPC向け)。デスクトップ、ワークステーション、ノートPCに加えて、確実に組込み向けおよびFireStream製品群の記述がされている。また10のコードネーム群は数が多く、それらは一つの世代をカバーし置き換えることを示唆しているか、または二つの世代の製品について記載されているのだろう。それはすべてのコードネームを「Southern Islands」で置き換えられず、「Norhtern Islands」がいくつか含まれている。

大変興味深いことに、ほとんどのコードネームは西インド諸島にある島々を指している。地理位置的に、これらの「Cayman」島(「Antilles」諸島に属している)、「Barts」島、「Turks」島、「Caicos」島、「Seymour」島は実在の「Southern Islands」であり、最も南に位置している。「Northern Islands」に属する島は、「Whistler/Blackcomb」と名付けられた島は「Whistler」島と「Blackcomb」島のみである。ちなみにMicrosoftによってそれらのコードネームは以前使われていた。上記の「Whistler」と「Blackcomb」「Caicos」は一緒に名付けられ、それらは同じチップの派生物(多分デスクトップ及びノートPC向け)であることを示唆している。これらの地理的な分類は逸話によってであり、彼らがいくつか考えた結果であると思われる。

私たちは「Southern Islands」リリースに徐々に近づいており、それらについて重要な僅かなことがわかった。コードネームは多くをばらすことはないが、AMDが大変多くの異なるGPUを開発していることを公開している。今回誰でもコードネームによりそれらの製品予想を語ることができる。

—-
これらのことから推論すると、既にカードベンダーやゲームディベロッパーには「Southern Islands」のES品は配布されている可能性がある。実際現在の「Evergreen」Radeon HD5000シリーズは2009年7月には配布されていたとの情報があるし。

OpenSolarisとUbuntu Linux 8.04TLSの合体OS「Nexenta Core Platform 3.0」がリリースに

sourceforge.jp OpenSolarisベースのディストリビューション「Nexenta Core Platform 3.0」リリース 2010年08月20日 14:31 より。

概要として、

  • カーネルにOpenSolaris build 134を利用。
  • ユーザランドにUbuntu Linux 8.04 TLSパッケージをベースに使用。
  • 100% native Debian環境なんでアップグレードの多い日も安心。
  • パッケージも13,000以上をリポジトリに用意。
  • ZFSの機能がすべて使える上に、deduplication(※重複除外機能)も利用できるので、ストレージ容量の節約もOK。
  • DTraceも使える。
  • とりあえずデスクトップ環境からサーバ環境まで全部揃えている。
    • dpkg/apt, gcc, binutils, coreutils, perl, python, ruby, Qt libs, GTK libs, etc
    • apache, mysql, postgresql, exim4, etc.
  • VimとGNU Screenは標準装備。
  • ZFSの能力でapt-getを利用したapt-cloneを内蔵。
  • Nexenta Systemsの「NexentaStor」で使用されている。
  • 対応CPUアーキテクチャはx86及びamd64。
  • 必要最低メモリは256MB、2GiB以上のストレージ、CD-ROMドライブなど。
  • いずれカーネルを現在開発中のOpenSolarisのオープンソースプロジェクト「Illumos」に置き換えて、「Nexenta Core Platform 4.0」でリリースする予定。

Nexentaプロジェクト http://nexenta.org/

Nexenta Core Platform 3.0ダウンロード http://nexenta.org/projects/site/wiki/DownloadStable

—-

それよりも「The Adventures of Nexentaman」という紹介コミックにワロタ。現在ダウンロード中。あとでOracle VirtualBox-oseにインストールしてやるw

Flashのオープンソースクローン「Gnash 0.8.8」でYoutubeの動画再生やVAAPIに対応

sourceforge.jp YouTubeへの完全対応をうたうオープンソースのFlash実装「Gnash 0.8.8」リリース 2010年08月24日 12:48 より。

主な特徴は下記の通り。

  • Flashのオープンソースクローンである「Gnash 0.8.8」でYoutubeの動画再生
  • swf形式のコンテンツの再生が可能。
  • ライセンスはGPLv3
  • 動画再生形式はYoutubeに完全対応し、Flashが対応するすべての動画が再生可能。
  • 対応OSはGNU/Linux、組み込み系GNU/Linux、BSDなど。
  • x86, ARM, MIPS, PowerPC, 及び64bitアーキテクチャCPUに対応。
  • 対応ブラウザはFirefoxなどのGeckoエンジンブラウザ、Google Chrome、Konqueror、
  • VAAPIに対応したハードウエア動画再生支援機能が利用可能。Intel、nVidiaやAMDのGPUに搭載されている動画再生支援機能などが対象。
  • 再生レンダリングランタイムエンジンを切替可能。OpenGLやCairo、AGG等複数。
  • FFmpegとGStreamerのメディアハンドラの切り替えに対応。
  • ブラウザのJavascriptやActioncriptと連携可能。
  • 内部依存性を減らしコンパイル速度が向上、またraw framebufferを利用したインプットデバイスの速度向上。

Gnash Project http://gnashdev.org/

「Gnash 0.8.8」のダウンロードはこちらから http://www.getgnash.org/

CPUアーキテクチャが複数利用できるのは良い点かと。