Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meerkatの日本語訳作業が開始

gihyo.jp Ubuntu Weekly Topics 2010年7月30日号 10.10の翻訳開始・ACPIバグの検出・カーネルの686化・10.10のPapercuts(2)・Dellの10.04マシン・OSC名古屋・UWN#203 より。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxの次のバージョンである10.10 Maverick Meerkatの日本語訳作業が開始とのこと。

また省電力などに関係するACPIにはメーカ別に対応が必要で、実際にはBIOSのバグだがそのBIOSバグの検出機能が搭載される予定とのこと。ノートPCの省電力機能やサスペンドなどがLinuxでも簡単に実現できるようになるかも。

またすぐに直せる&ユーザの使い勝手を損ねるバグ100個を直していく「Hundred PaperCuts」も進んでいるもよう。

maverick-round-2-office:”Paper Jam: Evolution , gedit & OOo.org”
  • LP#301942:gedit上で「Ctrl+T」を押した場合は新しいタブが開かれるべき(Lucidから持ち越し)。
  • LP#392600:OOo利用時,画面右に表示されるスクロールバーのナビゲーションアイコンが小さいままで,なおかつ途中で途切れてしまっている。
  • LP#507178:Evolutionの日付カラムの横幅が広すぎ,無駄な空白を食っている。
  • LP#525670:OOo利用時,ファイルの上書き保存を確認するダイアログにファイル名が含まれていない。
  • LP#586477:Evolutionのカレンダー表示において,ドラッグアンドドロップがごく一部のモードでしか利用できない。
  • LP#588298:Evolutionの設定のうち「コンポーザの設定」の「Top Post機能」に『(推奨しません)』などと書いてある。推奨しませんなどと書くぐらいならそもそも表示させるべきではない。
  • LP#491555:geditの検索・置換動作において,タブストップオーダーが間違っている。「Tab」キーで項目を移動しようとした場合,「置換」フィールドに移動することを期待するタイミングでコンボボックスの省入力用ボタンにフォーカスが移ってしまう。
  • LP#572985:Evolutionのバックアップ機能実行時,「Evolutionを閉じてよろしいですか?」というダイアログには「Yes/キャンセル」という表記ではなく,「Evolutionを閉じる/キャンセル」という表記が行われているべき。
  • LP#401692:geditにおいて,デフォルトのファイル名が「編集中のドキュメント 1」などとなっている。これは「テキストドキュメント1」などとしておくのが良い。
  • LP#599728:Evolutionのメインウインドウを閉じた場合,他に開いているウインドウがあってもまとめて閉じられてしまう。

他には標準アーキテクチャがi386からi686に変更。古いCPUやVIAのC3などi586では動作しなくなるので注意を。

広告
コメントする

1件のコメント

  1. Linuxカーネル2.6.35がリリースされる。ネットワーク負荷軽減機構やH.264ハードウェアデコードサポート « Leddownのブログ LinuxとPCハードウエア情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。