Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meerkatの日本語訳作業が開始

gihyo.jp Ubuntu Weekly Topics 2010年7月30日号 10.10の翻訳開始・ACPIバグの検出・カーネルの686化・10.10のPapercuts(2)・Dellの10.04マシン・OSC名古屋・UWN#203 より。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxの次のバージョンである10.10 Maverick Meerkatの日本語訳作業が開始とのこと。

また省電力などに関係するACPIにはメーカ別に対応が必要で、実際にはBIOSのバグだがそのBIOSバグの検出機能が搭載される予定とのこと。ノートPCの省電力機能やサスペンドなどがLinuxでも簡単に実現できるようになるかも。

またすぐに直せる&ユーザの使い勝手を損ねるバグ100個を直していく「Hundred PaperCuts」も進んでいるもよう。

maverick-round-2-office:”Paper Jam: Evolution , gedit & OOo.org”
  • LP#301942:gedit上で「Ctrl+T」を押した場合は新しいタブが開かれるべき(Lucidから持ち越し)。
  • LP#392600:OOo利用時,画面右に表示されるスクロールバーのナビゲーションアイコンが小さいままで,なおかつ途中で途切れてしまっている。
  • LP#507178:Evolutionの日付カラムの横幅が広すぎ,無駄な空白を食っている。
  • LP#525670:OOo利用時,ファイルの上書き保存を確認するダイアログにファイル名が含まれていない。
  • LP#586477:Evolutionのカレンダー表示において,ドラッグアンドドロップがごく一部のモードでしか利用できない。
  • LP#588298:Evolutionの設定のうち「コンポーザの設定」の「Top Post機能」に『(推奨しません)』などと書いてある。推奨しませんなどと書くぐらいならそもそも表示させるべきではない。
  • LP#491555:geditの検索・置換動作において,タブストップオーダーが間違っている。「Tab」キーで項目を移動しようとした場合,「置換」フィールドに移動することを期待するタイミングでコンボボックスの省入力用ボタンにフォーカスが移ってしまう。
  • LP#572985:Evolutionのバックアップ機能実行時,「Evolutionを閉じてよろしいですか?」というダイアログには「Yes/キャンセル」という表記ではなく,「Evolutionを閉じる/キャンセル」という表記が行われているべき。
  • LP#401692:geditにおいて,デフォルトのファイル名が「編集中のドキュメント 1」などとなっている。これは「テキストドキュメント1」などとしておくのが良い。
  • LP#599728:Evolutionのメインウインドウを閉じた場合,他に開いているウインドウがあってもまとめて閉じられてしまう。

他には標準アーキテクチャがi386からi686に変更。古いCPUやVIAのC3などi586では動作しなくなるので注意を。

うわさ Geforce GTX450は9月から出荷 ただし動作クロックをごまかして?

vr-zone [Rumour] GeForce GTS 450 in September; clock speeds revealed より。

トルコのウェブサイトDonanimhaberは nVidiaの次のリリース製品であるGeforce GTS450は当初予定されていた8月末から2週間ほど遅れて、9月13日にリリースされるだろうと伝えている。当初のクロックスピードは789MHzコアで3760MHzので1GB DDR5メモリで128bit以上のメモリバス接続と推定される。

さらなる情報は実用的なユニットについてはっきりしない点が残る。ほとんどの噂が192〜256SP(StreamProccessor)の間であると示唆している。
789MHzについて、それはまたこれまでのGeforceカードで最も高い動作クロックになり、GTX250(それ自身は9800GTX+のリネーム品である)をよりずば抜けたカードに置き換えられ、最後に4年前に登場し大いに成功した「G80」GPU製品の最後として記録されるだろう。

大変興味深いことに、近頃GTS450のPCB基板であると主張したリーク記事によると、192bitメモリインターフェースであると推測される。GTS450の直接の強豪であるHD5770は4800MHzメモリで128bit以上のメモリインターフェースであり、細いメモリ帯域であると考えられる。それ故nVidiaは192bitバスを提示する考えであろう。それはGTX460はより欠落したメモリ帯域にもかかわらずHD5830に対して落ち着いて対応しているように見える。それはまた一つは192bitバスであり、もう一つはGF104シリーズに近い128bitバス以外の二つのGF106が存在するという可能性がある。

GTS450はHD5770のリリース(2009年10月9日)から正確に11ヶ月後にリリースされる。と一緒に2010年第4四半期のいつかに「Southern Islands」の登場が予定されているおり、nVidiaは既にほぼ1世代遅れているカードのについてこれ以上不利な状況を被ることを回避することは簡単にできない。

ーーーー

nVidiaはGPU世代の世代遅れ確定ですか。