nVidiaの売上が前四半期に比べ下がる予想

StreetInsider.com NVIDIA Provides Business Update for Second Quarter of Fiscal 2011 Company Lowers Financial Outlook for Second Quater より。

  • 2010年8月1日時点の第2四半期の売上は8億ドル〜8億2千万ドルの間と予想される。
  • 2010年5月1日の段階では9億5千万ドル〜9億7千万ドルの売上であった。
  • 一般向けGPUの売上減少の主な要因は、メモリ価格の上昇とヨーロッパ・中国の経済的な弱さにある。
  • また価格の高いディスクリートGPUボードに比べより価格の安いGPUボードやチップセット統合型PCにシフトしたから。

まあnVidiaがミドルレンジ及びローエンドGPUの出荷の遅れやチップセット部門撤退の影響が売上に響いているのだろう。

Rambusとの特許侵害訴訟で敗訴して莫大な制裁金を請求される可能性もあるのでnVidiaはかなりきつい状況が続くかも。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。