うわさ AMD次世代チップセットのUSB3.0実装はルネサステクノロジーのライセンスを受けるかも

SemiAccurate AMD considering its own USB 3.0 implementation Licensing from Renesas より。

  • Digitimesによると、AMDチップセットのUSB3.0の実装はルネサス(NECの半導体部門)からライセンスを受けるかも。
  • ルネサスのライバルのFresco logicはソフトウエアスタック部分で問題を抱えている。
  • AMD Fusion APU「Ontario」のチップセット「Hudson D1」のSouth Bridgeから採用予定。
  • デスクトップPC用より先にノートブックPC用チップセットから先に登場。
  • それに比べてIntelはUSB3.0のチップセットへの実装を急いでいない。

ルネサスのUSB3.0ホストアダプタチップは様々な製品に採用されているが、先ほど従来品比85%の消費電力削減に成功した製品「μPD720200A」を発表している。またAMDのチップセット880Gや890GX、890GX採用のマザーボードにもよく採用されている。

広告
コメントする

2件のコメント

  1. USB3.0の規格に準拠しないFresco製チップ採用のAsrockマザーボードが出回る « PCハードウエアとLinux情報 Leddownのブログ
  2. USB3.0の規格に準拠しないFresco製チップ採用のAsrockマザーボードが出回る 訂正 2010年8月25日 « PCハードウエアとLinux情報 Leddownのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。