迷惑メールが進化しすぎて人が読めなくなっている件について

日経BP 工夫を凝らす「画像スパム」、難読化で解析を困難に より。

現在インターネットの電子メールの9割が迷惑メール(スパムメール)だが、セキュリティソフトウエアやメールクライアントソフトウアでは標準で迷惑メールを解析してより分ける機能がついている。

その解析を困難にするために文字中心から画像を張り付けた迷惑メールが増えている。そのようなメールに対抗するため迷惑メールフィルタも画像解析で迷惑メールかどうか解析している。

そこで迷惑メール配信業者はユーザの迷惑メールフィルタを通り抜けるために画像を難読化(読みにくくする)を行ったメールを配信しているが人間でも読みにくいという訳が判らなくなっている状況である。

人間が読めなければ広告の意味がない。

広告主は迷惑メール配信業者にお金を払っていて、配信状態までは配信業者が知らせないため実際のメール内容がどうなっているか知らないだろうからボッタクられているだけだろうな。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。