Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx AMD 690G Radeonグラフィクスでカーネルモードドライバを有効化する

Ubuntu Linux 9.10から10.04にバージョンアップした際に自動的にAMD 690G Radeonのカーネルモードドライバが有効にされたが、起動時にフリーズするため無効化していた。

今回カーネルとxorg-edgerドライバのバージョンアップを行なった上でRadeonカーネルモードドライバが動作するか検証した。なおすべてオープンソースドライバで確認したため、プロプライエタリのfglrxドライバは不明である。

カーネルバージョンは2.6.32-23-preempt、xorg-edgerのRadeonドライバは6.13.99+git20100709.06691376-0を利用。マザーボードはいつもの通りAsus M2A-VM。

まずは2箇所設定ファイルを修正する。

$ sudo vi /etc/default/grub

にてテキストエディタでファイルを開き、下記の行の「nomodeset」を削除した。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”splash nomodeset”

修正後にgrubのアップデートを行う。

$ sudo update-grub

次にRadeonドライバの設定。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/radeon-kms.conf

にて下記の行を「0」→「1」と書き換えてカーネルモードドライバを有効化する。

options radeon modeset=1

そして再起動する。

再起動時にgrubの表示後VGA 640×480 60Hzのコンソールでブートプロセスログが表示されたあと画面がちらついてUbuntuロゴが1280×1024@75Hzの解像度で表示された。ちゃんと液晶モニタのDDC(Display Data Channel)経由でEDID(Extended Display Identification Data)を読み出し解像度とリフレッシュレートを設定したようだ。

gdmを表示する際に一瞬画面がちらついたが正常に表示され、ログイン後もCompiz-fusionが利用出来た。

正常に動作すると見てよいだろう。

ただ何かの表示で画面全体がちらつくことがごくまれにあった。いつもどおりsyslogを確認すると下記のログが出力されていた。

Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607917] [drm:edid_is_valid] *ERROR* Raw EDID:
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607923] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607925] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607927] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607929] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607931] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607933] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607935] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607936] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607938]
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607941] radeon 0000:01:05.0: HDMI Type A-1: EDID invalid.
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607947] [drm:radeon_dvi_detect] *ERROR* HDMI Type A-1: probed a monitor but no|invalid EDID

ログを読むと、「radeonのHDMI Type A-1のEDIDが不正だよ。drm Radeon DVI端子検出時にモニタを確認したところEDIDが無いか不正確だよ。」と書かれている。

現在液晶モニタはVGA D-sub15ピン接続でDVI端子には何も接続していないのでエラー内容の通りである。なので無視しても問題ない。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。