Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx AMD 690G Radeonグラフィクスでカーネルモードドライバを有効化する

Ubuntu Linux 9.10から10.04にバージョンアップした際に自動的にAMD 690G Radeonのカーネルモードドライバが有効にされたが、起動時にフリーズするため無効化していた。

今回カーネルとxorg-edgerドライバのバージョンアップを行なった上でRadeonカーネルモードドライバが動作するか検証した。なおすべてオープンソースドライバで確認したため、プロプライエタリのfglrxドライバは不明である。

カーネルバージョンは2.6.32-23-preempt、xorg-edgerのRadeonドライバは6.13.99+git20100709.06691376-0を利用。マザーボードはいつもの通りAsus M2A-VM。

まずは2箇所設定ファイルを修正する。

$ sudo vi /etc/default/grub

にてテキストエディタでファイルを開き、下記の行の「nomodeset」を削除した。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”splash nomodeset”

修正後にgrubのアップデートを行う。

$ sudo update-grub

次にRadeonドライバの設定。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/radeon-kms.conf

にて下記の行を「0」→「1」と書き換えてカーネルモードドライバを有効化する。

options radeon modeset=1

そして再起動する。

再起動時にgrubの表示後VGA 640×480 60Hzのコンソールでブートプロセスログが表示されたあと画面がちらついてUbuntuロゴが1280×1024@75Hzの解像度で表示された。ちゃんと液晶モニタのDDC(Display Data Channel)経由でEDID(Extended Display Identification Data)を読み出し解像度とリフレッシュレートを設定したようだ。

gdmを表示する際に一瞬画面がちらついたが正常に表示され、ログイン後もCompiz-fusionが利用出来た。

正常に動作すると見てよいだろう。

ただ何かの表示で画面全体がちらつくことがごくまれにあった。いつもどおりsyslogを確認すると下記のログが出力されていた。

Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607917] [drm:edid_is_valid] *ERROR* Raw EDID:
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607923] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607925] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607927] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607929] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607931] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607933] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607935] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607936] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607938]
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607941] radeon 0000:01:05.0: HDMI Type A-1: EDID invalid.
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607947] [drm:radeon_dvi_detect] *ERROR* HDMI Type A-1: probed a monitor but no|invalid EDID

ログを読むと、「radeonのHDMI Type A-1のEDIDが不正だよ。drm Radeon DVI端子検出時にモニタを確認したところEDIDが無いか不正確だよ。」と書かれている。

現在液晶モニタはVGA D-sub15ピン接続でDVI端子には何も接続していないのでエラー内容の通りである。なので無視しても問題ない。

nVidia Geforce GTX460の性能が良いことについて(ただしGTX465比較) 修正

PC Watch 後藤弘茂のWeekly海外ニュース GF100を大幅拡張したGeForce GTX 460アーキテクチャ

4gamer GeForce GTX 460リファレンスカード MSI N460GTX Cyclone 768D5/OC EVGA 768-P3-1360-KR

AKIBA PC HOTLINE! 2010年7月17日号 Geforce GTX4シリーズの中堅モデル「460」が発売、2万円 より。

ライバルに遅れること10ヶ月、DirectX11対応GPUミドルレンジ向けnVidia Geforce GTX460(GF104アーキテクチャ)はFermi(GF100アーキテクチャ)を改良しグラフィクス部分とCUDA部分に手を加えてコンシューマ向けには不要なECC(エラー訂正符号)機能を外した物となっている。DirectX11チップとしてなかなか性能が良いようだ(ただしnVidia製品比較)。価格も20,000円前後とお値打ち感がある。

AMD ATI Radeon HD5850とHD5830に対抗できると思う。ただし消費電力はRadeon比では高めな点とEyefinityなどの機能面ではRadeon HD5850やHD5830が良い。また冷却ファンの音量はRadeon比で大きめとのこと。

その一方でGeforce GTX465はGTX480やGTX470の選別落ちの中からさらに動かないSPを動作しない様にした不良チップの再生品なので大消費電力・低性能と購入する理由は無いと断言して良い。

またGTX460も1GB版と768MB版が同じ型番なのは混乱の元。性能が良いのは1GB版のほうなので注意しないといけない。DirectX9対応ゲームに関してはFermiアーキテクチャらしくGT200アーキテクチャに比べて苦手の模様。

GPGPUに関して言えばGTX460は倍精度演算が単精度に対してピーク性能が8%の速度で事実上のGPGPU路線転換と見て良い。

4gamerの記事まとめが秀逸。「GTX465とはいったいなんだったのか」w

GTX460はGTX465キラーとまとめているが自身の会社製品を狙い撃ちしてどうするw

ライバル会社の製品を狙えよ。

関連記事として、GTX460をはじめとしたFermiアーキテクチャがもたらすnVidiaの経営面の問題を書いたSemiaccurateのCharlie氏の記事を翻訳したのでリンクしておく。