Ubuntu Linux 10.04 + ASUS M2A-VMマシンが暑さでメモリが熱暴走

ここ最近Ubuntu Linuxマシンが突然フリーズする現象に襲われていた。規則性などは特になく突然である。

syslogを読んでもフリーズ前のログに不審な点はなかった。ただ一度だけフリーズする前にPCI Expressに接続しているデバイス全てでタイムアウトエラーを記録していた。

そこでLinuxカーネルのバージョンを2.6.31-21から2.6.32-23や2.6.35-rc2などいろいろ試したがフリーズ現象は変わらず。CPUかチップセットの熱暴走を疑ってPhenom X4 9750やAMD 690G、SB600に風が行き渡るようPCファンを設置したが現象は変わらず。

最後にDDR2-800MHz 2GB×2、1GB×2のメモリにファンで冷却するとフリーズ現象はピタリと止まった。

暑さでコンピュータが不安定な場合CPUやチップセット、増設ボードのみでなくメモリ冷却も気をつけてみるといいかも。

なおJetway MA3-79GDG COMBO/D + PhenomII X4 955BE@3.7GHz 1.4750v + Radeon HD4850 マシンはGPUボードの排熱がCreative Audigyに伝わり再起動がかかったw

ケース側面のカバーを外すと安定動作。本当に趣味のPCいじりは熱との戦いだ。

広告
過去の投稿へ
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。