はやぶさカプセルに微粒子が!

asahi.com はやぶさカプセルに微粒子 宇宙機構、成分を分析へ より。

1ミリ以下の微粒子だが確認されたようだ。すごすぎる。他の天体に着地して粒子を回収するとは!

調査に数ヶ月かかるようだが結果が今から楽しみだ。

AMD ATI Radeon HD5870×2の14万円ボード「ASUS ARES/2DIS/4GD5」

4gamer HD 5870を2基搭載した“最強”カード「ARES」ついに国内発売。14万円ナリ より。

nVidia Geforce GTX285×2のMARSに続く第2弾だが…買えねえw

  • 搭載GPU:ATI Radeon HD 5870×2
  • コアクロック:850MHz
  • メモリクロック:4.8GHz相当(実クロック1.2GHz)
  • メモリインタフェース:256bit(※GPU 1基あたり)
  • グラフィックスメモリ容量:2GB(※GPU 1基あたり)-
  • 外部出力インタフェース:DisplayPort×1,DVI-I×1,HDMI×1(※いずれもHDCP対応,HDMI−Single- Link DVI-I変換アダプタ付属
  • カードサイズ:279(W)×127(D)mm(※高さ未公開,ただし3スロット占有)
  • 主な付属品:メタルケース,USB接続ワイヤードマウス

USB接続ワイヤードマウスはおまけとして理解できるが付属品のメタルケースってなんだよ。ガラスケースにでも飾っておくものなのか?

MARSみたいにまたeBayで半年後に3万円ぐらいで出品されそう。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxでハードディスクのチェック&テスト

WesternDigital 製ハードディスク WD20EARS-00MVWB0 667GBプラッタ初期不良品を代替品と交換した。

CFDにWesternDigitalにRMA申請を行なったあと、Ubuntu Linuxに接続してハードディスクが初期不良品かどうかのチェックを行う。

まずはハードディスクのSMARTを利用したショートテストを行う。

$ sudo smartctl -t short /dev/sdt

smartctl version 5.38 [x86_64-unknown-linux-gnu] Copyright (C) 2002-8 Bruce Allen
Home page is http://smartmontools.sourceforge.net/

=== START OF OFFLINE IMMEDIATE AND SELF-TEST SECTION ===
Sending command: “Execute SMART Short self-test routine immediately in off-line mode”.
Drive command “Execute SMART Short self-test routine immediately in off-line mode” successful.
Testing has begun.
Please wait 2 minutes for test to complete.
Test will complete after Tue Jul  6 00:03:28 2010

Use smartctl -X to abort test.

数分でショートテストは完了する。エラーが起きなければ次はSMARTのセルフテストのログ表示を行う。

$ sudo smartctl -l selftest /dev/sdt

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Self-test log structure revision number 1
Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Short offline       Completed without error       00%         6         –

ここでエラーが表示されたら問題があるということ。今回は問題無し。

最後にハードディスクの全セクタチェックを行う。

$ sudo badblocks -vs -o sdt.txt /dev/sdt

Checking blocks 0 to 1953514583
Checking for bad blocks (read-only test): done
Pass completed, 0 bad blocks found.

WD20EARSの2TBハードディスクで6時間ほどで完了した。上記のコマンドは読み出しチェックのみだが、書き込みチェックの場合は-wオプションを追加する。もし不良セクタがあればメッセージが出力されるので、ショップに連絡し初期不良交換。今回はbad blockは無し。

このWD20EARSは問題がなさそうなので常用可能であろう。

なお自前で修復する場合は下記のコマンドで不良セクタを利用しないようfsckを利用する。

$ sudo fsck -l sdt.txt /dev/sdt

これで完了。