Opera 10.60 for Linux x86-64登場

Opera公式サイトより。

Opera 10.60 for Linux x86-64が登場した。主な特徴は前バージョン比50%の高速化とGoogle提唱の動画形式WebMへの対応。Ubuntu Linux用のdebファイルをダウンロード可能。当初は日本語入力ができなかったが、ibusアップデートで日本語入力が可能に。

ユーザーインターフェースはGoogle Chromeの様にアドレスバーの上にタブが来る今風のものに変わった。Firefoxも4.0以降は同様なものに採用するようだ。

Adobe FlashプラグインがSegment Faultしまくる。Flashが組み込まれたページを開くごとにsyslogに吐き出される。

PentiumIIIなど現在では低いスペックのPCを利用しているなら、GTK+ & Webkitのmidoriブラウザが軽くて良い。

追記:2010年7月3日

7月3日現在表示フォントを設定しても保存されない。Opera Linux版はいつもの通りの出来だ。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。