nVidia IONチップセットも196.75ドライバで焼損の報告

2ちゃんねる自作版 Geforce合同葬儀場スレより。

なんとATOM プラットホームのnVidia IONチップセットもデバイスドライババージョン196.75を利用していると焼損し故障する報告があった。マザーボードは AT3N7A-I らしい。

チップセットまで故障させるとは恐ろしいデバイスドライバである。

nVidia Killing Driverの情報はこちらから。

nVidia関連のPCパーツを利用してる方はバージョンアップを急いだほうがよさそう。

PCルームwの室温が34℃を記録

私の部屋は北向き3畳の小さな部屋だが、換気状況が悪いため気温が上がりやすい。

6月28日20時47分現在の室温は34℃、湿度68%である。

別の部屋のエアコンで冷えた空気を循環させている状態の温度。

PCの各部位の温度は下記の通り。

  • CPU 59℃ (Phenom X4 9750 リテールクーラー)
  • M/B 42℃ (Asus M2A-VM 690Gチップのヒートシンクに向けて10センチファンで冷却)
  • HDD 36℃〜41℃ 平均38℃

ハードディスクは40℃を超えているのは1台のみで冷却に関してはまあまあである。

AMD 690Gチップは40℃を超えるとフリーズしやすくなるため不安ではある。

しかし人にとっては大変暑い。熱中症に気をつけよう。

WesternDigital製HDD WD20EARSの667GBプラッタのベンチマーク

先日購入したWesternDigital製のハードディスク WD20EARS-00MVWB0 667GプラッタバージョンをUbuntu Linux 10.04 Lucid Lynx に接続した。接続環境は下記の通り。

CPU : Phenom X4 9750

M/B : Asus M2A-VM ( AMD 690G, SB600 )

OS : Ubuntu Linux 10.04 LTS Lucid Lynx ( kernel 2.6.31-21 )

ベンチマークはGNOME標準のPalimpsest ディスク・ユーティリティ 2.30.1を利用。

WD20EARS-00MVWB0ベンチマーク

平均読み込み速度が94.0MB/sなのでなかなかの速度である。

なおこのハードディスクを既に構築されているRAID6アレイ(合計10台)に追加したところ、reshape完了は4.8日後とのこと。

のんびり待つことにする。