自室のウインドクーラー コロナCW-168Gを動作させる

さて現在室温が34℃、湿度78%になり扇風機も湿った熱風しか送らなくなってきたので今年初のウインドクーラーを動作させる。

メーカーはコロナ。CW-168G日本製で消費電力は600w/h。大体15〜20円/時間といったところか。

フロントパネルを開いてフィルタを目視で確認。ホコリ等は全くみあたらないのでコンセントに電源ケーブルを挿す。リモコンには単4電池2本を入れる。

動作は「ドライ」、室温は26℃にして電源オン。しばらくは冷媒の音がシュルシュルとなるが次第に静かになりPCファンと冷却用扇風機の音が大きく感じられるようになる。

動作後15分程度で心地よい室温になった。部屋の広さも4畳半なのでクーラー自体の能力を持て余し気味。ドライ動作だと自動的にコンプレッサーの動作をオンオフするので消費電力も少なく電気料金も安くなるだろう。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。