Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx にアンチウィルスソフトウエアをインストール

Windows環境では必須のアンチウィルスソフトウエアだが、Ubuntu Linuxなどデスクトップ利用主体のディストリビューションが普及してきている現状では、Windows向けウィルスソフトが感染しなくても中間宿主にはなる可能性が高いので今後は必要であろう。

個人向けに無料で利用可能なウィルススキャン・チェックソフトウエアを列挙する。

  • Clam AV : Linuxでは定番のウィルススキャンソフト。ホスティングサービスのメールサーバでよく動作している。apt-getでインストール可能。Clam-tkというGUIもある。
  • AVG Free 8.5 for Linux : Linux版及びBSD版が無料で利用可能。i386のみでamd64は無いがUbuntu Linux 9.10では正常動作した。
  • Avira AntiVir Personal free for Linux FreeBSD OpenBSD Solaris : Avira公式ページはこちらだが、Linux版が探せなかった。tarballをコンパイルしてインストールする。contribディレクトリにAvira gnomeアプレットがあるのだが、コンパイルしてインストールしてもSegment Faultで利用できなかった。コマンドライン上では正常動作。
  • ESET NOD32 Antivirus 4 for Linux : i386とamd64のバイナリ。専用GUIインストーラでインストール。デスクトップログイン時にスプラッシュが表示され、gnome通知スペースにアイコンが表示。
  • avast! Linux Home Edition : i386のバイナリのみだが、debパッケージがあるのでdebianやUbuntuでインストールは簡単。SMTPアラート機能がある。

2010年6月現在はClamAVとESET NOD32 Antivirus 4 for Linuxを併用。マシンスペックと検出率を比較しながら利用すると良いだろう。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。