Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxをソーテック Winbook WA2320C4Bにインストールする

故障したノートPCソーテック(現在はオンキヨー) Winbook WA2320C4Bが手に入ったのでUbuntu Linux 10.04をインストールしてみる。

簡単なスペックは下記の通り。

  • CPUはPentium Celeron M 320 (1.3GHz)
  • MEM 256MB (PC2700 333MHz DDR SDRAM SO-DIMM)
  • チップセット VIA PN800
  • HDD 20GB(出荷品は30GB)
  • DVD-ROM CD-RWコンボドライブ
  • 1024×768 LCDディスプレイ
  • インターフェース : USB 2.0 , IEEE1394(i-Linkインターフェース) , Cardbus x2 , Ethernet , Modem , VGA , PS/2

Windows XP Homeがインストールされているが、HDDが故障しているため起動せず。どうせWinXPは使わないのでさっさと消す。

Ubuntu Linux 10.04 日本語remix 修正版のCD イメージをダウンロードしてCD-RWに記録しインストールする。

メモリが少ないため、ページング処理が頻発しかなり遅い。Toshiba Dynabook SS 2010と体感速度は同じぐらい?

CD-RW起動後にCD版デスクトップの利用とインストール作業を選べるが、インストール作業を続けるとgrub2で不具合が発生しkernel panicとなる。ルートパーティションの指定が間違っているよう。

またCD-RWから起動するが、grub2の設定をいじるのも面倒なのでCD版デスクトップを起動させたあとにインストーラを実行。

こちらの方法ではHDDから正常に起動する。

ethernetでネットに接続しアップデートを行う。

Ubuntu Linux 10.04でI-O DATA WN-G54/CB2(prism GT)無線LANPCカードを使う

通常インストール後にprism GT(ISL3890)チップ採用のI-O DATA WN-G54/CB2の設定を行う。PCカードスロットに指すとprism54モジュールを読み込むが無線LANアダプタは無効のまま。

そこでnon-freeなfirmwareをapt-getでインストールする。

$ sudo apt-get install linux-firmware-nonfree

$sudo modprobe -r prism54

$sudo modprobe prism54

無線LANアダプタのLinkランプがチカチカ光り出すので、nm-appletかシステム→設定→ネットワーク接続から無線LANの設定を行う。SSIDとWPA&WPA2パーソナルの設定をする。

間違って近所の暗号化無しAPに接続してしまうが肝心の我が家の無線APには接続できないまま。そこでUbuntu Linuxを再起動すると正常に接続した。

ネットにはUbuntu Linuxで無線LANを使用する方法としてndiswrapperを使う方法が多く記載されているが、prismチップなら上記の方法で十分であろう。

VIA PN800 + VT8235
広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。