AMD GPU統合型CPU Fusion APUの実働デモを公開

4gamer COMPUTEX関連より。

AMDのCPUとGPUの統合型プロセッサLlano(リャノ?ラノ?)のDirectX11上で動作するゲーム Alien vs. Predatorのデモを行ったそう。

既にIntelがi3でGPU統合型プロセッサを出荷しているが、GPU性能はいつもどおり残念。AMDの場合は最新ゲームも快適な速度で操作するよう。メインストリーム・ノートPC向けに開発を進めているようだが、実働デモが公開されたということは開発は順調そうだ。

個人的にはディスクリートGPUを購入するが、PCパーツのアップグレード時に余ったパーツを使ってサーバ等を組み立てる際にオンボードVGA M/Bは便利なのだがこれからはストリームプロセッサがCPUに含まれるということか(ヘテロジニアスCPU?)。かつての浮動小数点演算用コプロセッサ(80387w)のような位置付けで面白い。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。