WesternDigital社製WD20EARSのマイナーバージョンアップ製品が登場

WesternDigital社製WD20EARSのマイナーバージョンアップ製品が登場

従来品WD20EARSは500Gプラッタ×4枚にStableStac(プラッタのブレ防止機能)搭載。

新WD20EARSは666Gプラッタ×3枚にStableStac無し。

従来品は既に9,860円〜16,800円の在庫処分として価格が下がっている。WD20EARSの4プラッタ品を10,980円×5台を5月5日に購入してまだRAIDアレイの構築が完了していないのにハードディスクの価格が下がるとorzになる。

私は666Gプラッタ採用は2.5TB(2.3TiB)が6月に登場する予兆とみている(内部資料のロードマップでもそう記載されているし)。HGSTはSAS法人向けで2.5TB〜3TB製品を出すようだし、本格的な動きは6月にあるかも。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのパーティション操作コマンドpartedのバージョンがアップしたのでAFT採用ハードディスクで論理セクタと物理セクタの正常な値が取得できると思っていたが、論理・物理セクタともに512byte/sectorとしが表示されず、エミュレーション経由の値のみで物理セクタの値は取得できなかった。これは今後に期待。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。