WesternDigital社製WD20EARSのマイナーバージョンアップ製品が登場

WesternDigital社製WD20EARSのマイナーバージョンアップ製品が登場

従来品WD20EARSは500Gプラッタ×4枚にStableStac(プラッタのブレ防止機能)搭載。

新WD20EARSは666Gプラッタ×3枚にStableStac無し。

従来品は既に9,860円〜16,800円の在庫処分として価格が下がっている。WD20EARSの4プラッタ品を10,980円×5台を5月5日に購入してまだRAIDアレイの構築が完了していないのにハードディスクの価格が下がるとorzになる。

私は666Gプラッタ採用は2.5TB(2.3TiB)が6月に登場する予兆とみている(内部資料のロードマップでもそう記載されているし)。HGSTはSAS法人向けで2.5TB〜3TB製品を出すようだし、本格的な動きは6月にあるかも。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのパーティション操作コマンドpartedのバージョンがアップしたのでAFT採用ハードディスクで論理セクタと物理セクタの正常な値が取得できると思っていたが、論理・物理セクタともに512byte/sectorとしが表示されず、エミュレーション経由の値のみで物理セクタの値は取得できなかった。これは今後に期待。

Ubutnu 10.04 Lucid Lynx にてWD20EARS&WD20EADSの9台RAID6の拡張完了に5日間費やす

Ubutnu 10.04 Lucid Lynx にてWD20EARS&WD20EADSの9台RAID6の拡張がようやく明日に完了する予定。やはり3ware 9500s-12をPCI 32bit 33MHz接続ではバス帯域が足りないので実測値110MB/secしかでないので5日間もかかる。

またカーネ ルを2.4.34-999(nightly Build)にアップした。Promise SuperTrak ex8350ドライバのstex不具合等があれば記載する予定。

8コア/12コアOpteron対応のASUS製マザーが発売 最大で24コア環境も

8コア/12コアOpteron対応のASUS製マザーが発売 最大で24コア環境も アキバ総研より。

これまではTyanSupermicroの選択肢のみでしたが、ASUSからもOpteron6000対応のマザーボードが発売されたようです。

ASUS「KGPE-D16」は、8コア/12コアの 新型Opteron「Opteron 6000シリーズ」に対応したマザーボード。CPUソケットとしてSocket G34を2つ搭載し、最大24コア環境を構築できる。対応フォームファクタはラック型(SSI EEB 3.61)で、チップセットはAMD SR5690+SP5100。

そのほかの主な仕様は、拡張スロットがPCI Express x16×4、PCI Express x8×1、PCI×1、PIKE×1。メモリスロットはDIMM×16で、DDR3-1333/1066/800に対応(最大256GB)。オンボードデ バイスとして、VGA、Serial ATA 3Gbps×6、LAN×3(ギガビットLAN×2、Mgmt LAN×1)、USBなどを搭載する。このほか、SASコネクタ×8(別途PIKEカードが必要)も装備。

PCI-X 64bit 1333MHzポートが存在しないのが個人的には残念。ここ2〜3年はWSクラスのマシンを組んでいないので30万円前後で組んでみたいではある。だがその前にDDR3メモリとAMD Radeon HD5870とDell U2711の購入が先かも。