Jetwayの変態マザーボードMA3-79GDG COMBOがPhenomII X6に対応

AMD PhenomII X4 955 BE(C2)にDDR2とDDR3メモリに両対応した(排他利用)変態マザーボードMA3-79GDG COMBOをサブマシンとして利用しているが、AMDから発売された1090Tなどの6コアCPUに対応したBIOSがJetwayのページからダウンロードできる。これで後1年は余裕で利用できるw

MA3-79GDG COMBO のAMD PhenomII X6対応BIOSはJetwayの該当ページからどうぞ。

ASUSのM2A-VMの新BIOSといい長持ちするマザーボードを所有しているとお得な気分になる。

Ubuntu 10.04 Lucid Lynxのカーネルバージョンアップ

Ubuntu 10.04 Lucid Lynx + Promise Supertrak ex8350 でデバイスを見失う件で、カーネルのバージョンによりstexドライバがエラーで利用できない状況だったが、どうやらカーネルのversion2.6.32~2.6.33にはIRQ関連に不具合がある様で、そのためにstexドライバも問題が起きていた様だ。

現在はversion2.6.31-21(karmic update)を利用しているが、最新のversion2.6.34-RC6では不具合が治っている様だ。

そこでカーネルイメージとカーネルヘッダをバージョンアップする。

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/

上記のURIの一番下に現段階の最新バージョンがある。今回インストールするバージョンは2.6.34-RC6である。ただし正式リリースではないので新たな問題が発生しても自己責任で。業務系のシステムには検証が完了するまで利用しないこと。

バージョン名のリンクをクリックするといくつかファイルが有るが、必要なものは

linux-image-(version)_amd64.deb

linux-headers-(version)-_all.deb

linux-headers-(version)-_amd64.deb

をクリックしてダウンロードする(32bitCPUか64bitCPU一方のみ)。

ダウンロード後は、

$ sudo dpkg -i linux-image-(version)-_amd64.deb

$ sudo dpkg -i linux-headers-(version)-_all.deb

$ sudo dpkg -i linux-headers-(version)-_amd64.deb

と順番にインストールする。順番を間違えるとパッケージ依存性エラーが発生する。

実際の動作検証は次回に。

追記:2010年5月7日

カーネルのバージョンアップを行ってもPromise stexドライバの問題は解決しなかったので、当分は2.6.31で運用を続ける。