Ubuntu 10.04 Lucid Lynx登場

ubuntulinux.jpより。

AMD PhenomX4 9750 + Asus M2A-VM + Ubuntu9.10にupdate-managerからバージョンアップのお知らせがあったのでアップデートした。

細かくは公式サイトを見てもらうとして、興味のある項目だけ並べる。

  • HALの完全な削除:全バージョンから、ハードディスク関連はdevicekitに置き換えられていたが今回完全に置き換えられた。xserver-xorgからも取り除かれたよう。起動やシャットダウンが体感できるほど速くなった。
  • 新しいウィンドウデコレーションテーマ:いままで茶色に近いオレンジを基調としたテーマだったが、紫とグレーグラデーションが追加された。なかなか良い感じ。標準ではウィンドウ終了等のボタンが左上にくるので、ubuntu-tweakをインストールして右側にした。
  • フォントの変更:VLゴシックから、ubuntu japanese teamがメンテナンスする(この辺は曖昧)takaoフォントに置き換えられた。もちろん従来のVLゴシックもインストール可能。

アップデート時間は、3時間~4時間程度。途中で何回か確認ダイアログが表示される。業務開始前に作業して戻ってきてもダイアログでアップデートが止まってしまうので実際にはもう少し短時間かもしれない。

radeonドライバについて

アップデートの段階で、ppaからインストールしたedger-driverパッケージが削除されるので、手動で追加する。

$ sudo add-apt-repository ppa:xorg-edgers

$ sudo  aptitude install xserver-xorg-driver-radeon

あとはubuntu9.10でradeonドライバがフリーズする件と同じ作業を行う。

Virtualbox OSE 3.1.6でネットワークのブリッジインターフェースでエラーが出る

Virtualbox-oseでゲストOSとしてWindowsXP Proをインストールしているが、pcnet(NAT)、e1000(Bridge)のうちブリッジ接続のe1000でエラーが起きて起動しない。(NS_ERROR_FAILURE (0x80004005))

以下のコマンドをためしてみる。

$ sudo dpkg-reconfigure virtualbox-ose-dkms

$ sudo dpkg-reconfigure virtualbox-ose-guest-dkms

$ sudo dpkg-reconfigure virtualbox-ose
これでもエラーでVMが起動しない。

なので手動でカーネルモードセッティングドライバをロードする。

$  sudo insmod /lib/modules/2.6.32-22-generic/updates/dkms/vboxnetflt.ko

$  sudo insmod /lib/modules/2.6.32-22-generic/updates/dkms/vboxnetadp.ko

これで無事ゲストOS上のe1000ネットワークデバイスをブリッジ接続ができた。

その他

ubuntu9.10ではCPU負荷が高い状態でibus+Anthyによる日本語入力を行うと、ibusが急にシャットダウンしてしまいかなりストレスが溜まる環境であったが、ubuntu 10.04では負荷の高い状態でもシャットダウンしなくなった。これは嬉しい改善内容である。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。