変換名人IDE-SATAアダプタL型について

3.5inchATA→SATA変換アダプタとして変換名人IDE-SATAアダプタL型IDE-SATALDを利用している。

アダプタとSATAケーブル、4pin電源コネクタ→4pinミニ電源コネクタ(アダプタ電源用)で760円だった。

この製品を使えばSATAコネクタに従来のIDE HDD を接続して利用可能なので便利に使っている。

Windows Vista SP2とUbuntu9.10でsmart値の読み取りもOK。

ただ発熱がすごいので、HDDの熱と合わさるとフリーズしてしまい冷えるまでデバイス認識しない問題がある。 また業務用SATA RAIDボードではHDDを認識は可能だが利用はできなかった(Promise、3ware、Adaptec)。Sil3132など一般向けSATA RAIDボードやAMD 690GのSATAポートでは認識可能であった。

これから暑くなっていくがどう冷やすか思案のしどころである。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。