XIM、IIIMFの開発者樋浦秀樹氏亡くなる

X window system上で日本語を入力するフレームワークXIM、IIIMFの開発者である樋浦秀樹氏が癌のため2010年4月7日に亡くなられたそうです。

15年前にlinux 0.98と FM TOWNS UX20でXIM(kinput2+canna)を使って日本語入力ができた時を覚えています。

御冥福をお祈りいたします。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。