HDDの4KiBセクタ問題について

WDのAFT対応ドライブ(物理セクタは4096バイトだが、HDDアクセス時には従来の512バイトセクタにエミュレーションする技術)が出回ってしばらく立ちますが、OSやパーティション関連プログラムでも本格的に対応が始まった様です。

Linux Kernel Watch 3月版 2TBを超えろ! ATAディスクの4Kセクタ問題とは?

セクタサイズ拡張に関しては1998年頃からHDDメーカ、BIOS会社(PhoenixとAMI)、Microsoft等OS開発会社が準備を進めていたようです。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。