WDのAFT採用HDD(Bigsector)とGPTの性能差について

WesternDigital社のハードディスクEARSシリーズは、従来の512セクタから4096セクタへと変更したAdvanced  Format Technology(AFT)を採用していますが、パーティションの先頭セクタの位置よりリード・ライト性能が変化します(セクタサイズエミュレーションのため)。

今までは従来のMBRパーティションの性能変化の情報がありましたが、Grobal Partition Table(GPT)での性能については情報がありませんでした。

FreeBSDで調べた方がいましたのでリンクします。

しののの – FreeBSD/BigSector HDD 様のページにあります。

詳しい情報は上記ページをみてもらえば判りますが、結果を引用いたします。

(さらに…)